Pocket

自動車保険は補償対象の範囲によって、保険料が大きく異なります。

保険金が支払われる事故の種類なんかもそうですし、補償対象となる運転者の種類、範囲でもそうです。

補償対象を限定することで保険料は安くなります。では、運転者についてはどのように範囲を限定するのでしょうか?

被保険者との関係で限定する

限定する方法の1つに被保険者との関係があります。

被保険者との関係に基づいて

  • 限定なし
  • 運転者家族限定特約
  • 運転者本人・配偶者限定特約
  • 運転者本人限定特約

と、運転者を限定する特約があります。

「限定なし」は、家族だけでなく誰がその車を運転しても補償を受けられるというもの。補償対象を限定しないので、保険料は高くなります。

そこから家族だけとか、配偶者だけとか、被保険者本人だけとか、運転者を限定することで保険料を安くすることが可能です。

自動車保険でいう家族とは

本人や配偶者は、言葉どおりなので問題ありません。では、家族というのはどこまで含まれるのでしょうか?

自動車でいう家族とは以下のとおり。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者、またはその配偶者と同居の親族
  • 記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子供

同居している親族だけでなく、一人暮らしなどで別々に暮らしている結婚していない子供が家族に含まれます。

年齢で限定する

運転者を限定するのは、被保険者との関係だけではありません。単純に「年齢」もあります。

運転する人の年齢に条件をつけることで保険の適用範囲を狭め、保険料の割引を受けることが可能です。若い世代ほど事故のリスクが高いという統計結果があるので、補償される年齢を上げることで保険料は下がります。

年齢条件の区分は以下の5つ。

  1. 18歳から補償する「全年齢担保」
  2. 21歳未満は補償しない「21歳以上担保」
  3. 26歳未満は補償しない「26歳以上担保」
  4. 30歳未満は補償しない「30歳以上担保」
  5. 35歳未満は補償しない「35歳以上担保」

1.「全年齢担保」の保険料が一番高く、下にいくにつれて安くなります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket