Pocket

テレビのCMやインターネット上でよく目にするダイレクト自動車保険。ダイレクト自動車保険とはどういったものなのでしょう。

ダイレクト自動車保険とは

これまで保険は、代理店を介して加入するのが一般的でした。それに対して、ダイレクト自動車保険(通販型自動車保険)は、直接保険会社と保険契約をおこなう保険です。

パソコン、スマホなどインターネットで、もしくはコールセンターに電話することで、チューリッヒ損保やアメリカンホームダイレクト、ソニー損保などの保険会社と直接契約をおこないます。

ダイレクト自動車保険のメリット

メリットとしてまず挙げられるのは、「保険料が安い」ことです。代理店を介さずに直接契約することで、人件費、代理店手数料等がかかりません。その分が保険料に反映され、保険料が安くなります。

また、フリーダイヤルによる24時間事故受付サービスもメリットと言えるでしょう。直接やり取りをおこなうことで、自動車事故時にスムーズな対応をおこなってもらえます。中には全国にサービス拠点を持ち、1つの事故について1人の担当者が一貫して対応する「1事故1担当者制」を採用している会社もあります。

また、事故後の保険金までの期間が短縮されるといったメリットもあります。保険会社と直接つながっていることで、インターネットやモバイルを利用した連絡手段が確保されているからです。

「保険料が安い=サービスが悪い」といった先入観を捨てる

このように、保険料が安いからといって、その分サービスが悪いということはありません。

代理店を介さないことで余計なコストが発生しないぶん保険料が安くなり、一方で直接やり取りができることでサービス・対応が良い。例えば、ロードサービス等も、ダイレクト自動車保険のほうが充実している場合が多いです。

もし保険料が安いからダイレクト自動車保険のサービスは悪いというイメージを抱いているのであれば、まずはその先入観を捨てる必要があります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket