Pocket

特約の組み合わせ、補償範囲の限定など、保険料を安く抑える方法は様々あります。

ただ、無事故であることが一番大きく、そして簡単に保険料を抑える方法です。安くするためには、保険を使わないこと、つまり事故を起こさないことが重要。

特に、損保会社が代理店をはさまない、ダイレクト(通販型)自動車保険が増え、無事故の運転者は保険料が安く、事故を起こした運転者の保険料は高く、という傾向があります。

損保会社が事故を起こし、保険金の支払いが発生する運転者を嫌うことが理由だと思います。保険金の支払だけでなく、事故発生時に調査などコストが発生しますからね。

ノンフリート等級は下げ幅のほうが大きい

保険料を決める大きな基準となっている「ノンフリート等級別料率制度」。

1~20等級に分かれていて、等級に応じて保険料の割引・割増率を表したものです。新規契約時は6等級から開始、1年間無事故だと1等級上がり、自動車事故で保険を使うと3等級下がります。

等級ダウンで保険料が上がり、等級アップで保険料が下がるので、事故発生、保険利用すると保険料が高くなり、無事故であれば保険料が安くなります。

見てもらえればわかるように、無事故を続けて上がる投球の幅よりも、事故を起こして保険を使ってしまった場合の等級の下げ幅のほうが大きいのです。

必ずしも保険を使ったほうが得をするわけではない

自動車保険は、万が一の事態に備えて加入するもの。

しかし、万が一の事態が起こったからといって、必ずしも保険を使ったほうが良いわけではありません。免責金額の設定と同じように、保険を使わずに自己負担したほうが得する場合もあるのです。

上のノンフリート等級で触れましたが、事故を起こして保険金を受け取ると、基本的に3等級下がります。軽微な事故で保険を使わない場合、等級は下がらず、逆に翌年1等級アップします。

保険を使う使わないで等級に4つの差が生じます。4等級の差は、案外保険料に影響します。軽微な事故の程度によりますが、車の修理代など自己負担する金額が10万円を下回る場合だと、中長期で考えると得になる可能性があるのです。

等級による保険料の割引率を考えると、保険を使わずに自己負担するという選択肢もありだと思います。

完全に事故を起こさないということも大切ですが、保険料を下げるためには自動車保険の観点から「無事故」であるということを考えてみると良いのかもしれません。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket