Pocket

一家に1台と思いがちな自動車ですが、一世帯で2台以上の車を保有していることは少なくありません。

東京都内など首都圏に住んでいる人はイメージしづらいかもしれません。しかし、電車が少なく、車がないと生活しづらい地域では、自動車は一家に1台ではなく、1人に1台ということも珍しくないのです。

自動車保険は、1台だけ加入していれば良いわけではありません。万が一に備えて、複数の自動車を保有していれば、その台数だけ保険に加入することが必要。

当然、複数台の保険に加入するわけですから、保険料は高くなります。しかし、損保各社では2台目以降の車に対しての割引があり、1台あたりの保険料を安くすることが可能です。

2台目以降の車に適用される割引

複数(2台目以降)に適用される割引は、「セカンドカー割引」や「複数所有割引」などと呼ばれています。

セカンドカー割引は、単純に割引を受けられるものや通常は6等級から始まるノンフリート等級が7等級から始められるものがあります。等級が上がった状態からスタートできるので、そのぶん割引率が上がって保険料が下がることになります。損保大手では、7等級スタートという割引内容が多いですね。

複数台の車を持っている人にお得な割引サービスですが、セカンドカー割引には適用条件があります。

適用条件

  • 1台目の車のノンフリート等級が保険開始時点で11等級以上である
  • 2台目の車の車両所有者または記名被保険者が1台目の記名被保険者およびその配偶者、同居の親族である
  • 1台目と2台目以降の車の所有者および記名被保険者が個人である
  • 使用用途が自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽四輪貨物車、自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量02トン以下)もしくは特種用途自動車(キャンピング車)である

自動車の所有者、記名被保険者については、損保会社によって若干異なることがありますので、念のため確認するようにしましょう。

1台目と異なる損保会社でもセカンドカー割引は基本適用できる

セカンドカー割引は1台目と同じ損保会社の自動車保険じゃないと適用されないと思っている人もいますが、基本的に他の損保会社でも適用されます。

上で挙げたように、同じ損保会社に限るという条件はありません。

注意しなければいけないのは、自動では適用されないということ。当然といえば当然ですが、他の損保会社との保険契約内容まではわかりません。そのため、契約する際にこちらから申し出ないと割引適用とはなりませんので、気をつけましょう。

セカンドカー割引は、補償範囲や内容が限定されるものではありません。適用されるのであれば単純にお得なので、忘れずに活用したいですね。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket