Pocket

タイヤのパンクやバッテリー上がり、ガス欠など。様々なトラブルが、車に乗っていると起こります。そんな場合に助かるのがロードサービスです。

ロードサービスというとJAFが有名ですが、損保会社でも提供しています。しかも、自動車保険に加入していると無料で付帯されているケースが多いです。

ロードサービスが自動的に付帯されるのは当たり前になっていますが、サービス内容は損保各社で様々。車に乗る頻度の高い人は特に、ロードサービスは自動車保険を選ぶ重要なポイントかもしれません。

こんな場合にロードサービスは役立つ

ロードサービスが役に立つのはどんな場合かというと、以下のようなケース。

  • タイヤのパンク
  • バッテリー上がり
  • ガス欠
  • 車内に鍵を忘れて開けられない
  • 旅行先で自動車が故障

本当は定期的な点検をおこなうことで、タイヤのパンクやバッテリーが上がってしまうことは避けられるのですが、いずれも起こりえることですね。

軽微なトラブルからレッカー移動のような大がかりなものまで

一言でロードサービスといっても、そのサービス内容はパンク、ガス欠といった軽微なものからレッカー移動のような大がかりなものまで対応してくれます。

主なサービス内容は自動車のトラブル対応になりますが、他にも宿泊・帰宅費用などトラブルに派生する部分に対応してくれるものもあります。

故障、トラブルの対応

ガス欠時の燃料補給やバッテリー上がり時のバッテリー交換、ジャンピング作業、パンク時のタイヤ交換。他にも、車のキーを車内に忘れてしまった場合のインロック開錠や落輪引き上げ、雪道スタック引きだしなどに対応してくれます。

レッカー移動サービス

事故や故障で車が自走不可能となった場合、サービスセンターが指定する最寄りの修理工場まで移動してくれます。

無料での指定修理工場までの移動距離は損保各社で違います。例えばアクサダイレクトの場合は、無料でけん引してくれる距離の制限はありません。

宿泊用、帰宅費用(交通費)サポート

遠方で車のトラブルが発生、自力走行が不可能となった場合に、損保会社が宿泊費用や帰宅費用(帰宅するまでの交通費)を支払ってくれるサービスです。

サービス拠点数や提携修理工場数で選ぶ

基本的に、上で挙げたサービスは各社おこなっています。その中で一番差があるのは、サービス拠点数や提携修理工場数でしょう。

サービス拠点数が多いほど、連絡してからの対応が早いです。多いところでいうと、ソニー損保が約9000ヵ所、アクサダイレクトが約9500ヵ所。JAFの直営拠点が266であるのと比較すると、かなり多いと言えます。

また、提携している修理工場が多いのも、対応が早くなる可能性が高まります。提携修理工場数が多い損保会社というと、三井ダイレクト。約1,100の修理工場と提携しています。ただ、修理工場の提携ではJAFが1,720と損保各社よりも多いですね。

ロードサービスは追加で付ける特約ではなく、基本的に自動付帯されるサービス。ですから、根本的なトラブル時の対応を重視して選ぶのが良いかと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket