Pocket

自動車事故でケガや死亡した場合、自動車保険以外に生命保険や医療保険からも保険金は支払われるのか。

結論から言うと、自動車保険、生命保険や医療保険、両方から保険金を受け取ることができます。

生命保険や医療保険の保険金は相殺されない

多くの人が加入している生命保険や医療保険。自動車事故の場合、賠償金や自分が加入している自動車保険とは別に保険金を受け取れます。賠償金と保険金が相殺されることもありません。

中には交通事故を広くカバーする商品もあり、自動車保険とは別に保険金や共済金を受け取ることが可能です。交通傷害保険の補償などがそれに当たります。

要するに、交通事故によって自分自身がケガや死亡した場合は、複数の保険契約から保険金などが支払われることにより、結果的に実際に生じた損害以上の金額を受け取れるケースもあるのです。

自動車保険は自分と相手の保険双方から

一方、自動車保険では、自動車事故による損害では、相手方と自分の自動車保険両方から、それぞれのケースに対応する保険金を受け取れます。

自動車保険には、対人賠償保険や対物賠償保険など事故の相手方のための補償と、車両保険など自分自身のための補償があります。事故の相手に過失があれば相手方からの賠償金を受け取れる上に、状況によっては自分が加入している自動車保険から、人身傷害補償保険金や搭乗者傷害保険金などが支払われます。もちろん、こういった保険・特約に加入している場合に限りますが。

自動車事故でケガや死亡した場合、自動車保険、生命保険や医療保険、両方から保険金を受け取ることができます。しかし、私たちが被害を受ける可能性は、自動車事故だけではありません。そのため、高くない保険料の中で効率よく補償を受けられるように保険の見直しも必要だと思います。

考えられる被害を受ける可能性とそれに対応している保険をピックアップし、保険料と補償内容のバランスを比較してみると良いでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket