Pocket

車検切れや親族、友人への譲渡など自動車を手放すことがあります。

その際に、加入している自動車保険は途中で解約したり、満期で継続しなかったり。車を持たないのですから、保険をやめるのは当然のことですね。

ただ、とりあえず車を手放したから保険をやめるのではなく、再び自動車を運転する場合に備えて中断の手続きをおこないましょう。再び自動車保険に加入するときに、新規で契約するよりも保険料を安くできるかもしれないので。

自動車保険でいう中断とは

中断という方法をとる前に、自動車保険でいう中断とはどういうことなのかを理解しておきましょう。

現在契約している保険を中断して、どこかのタイミングで再開する。中断と聞くと、こんなことをイメージするかもしれません。しかし、違います。

イメージとしては、ノンフリート等級料率制度を中断するということかなと。

10年間等級を据え置き

事故を起こして保険を使えばダウン、無事故であればアップしていくノンフリート等級料率制度。新規の場合は6等級からスタート。基本的に、保険が失効すれば新規契約扱いとなり、6等級からの再開に

中断の手続きをおこなうことで、向こう10年の間に再び車を所有して自動車保険に加入する場合、等級を引き継ぐことが可能になります。

中断の手続きと必要書類

保険の中断ということではないので、手続きは複雑ではありません。損保会社から中断証明書を発行してもらうだけです。

中断証明書を発行するためには、以下の条件があります。

  • 7等級以上(6等級以下は意味がないので)
  • 保険の解約日・満期日までに車を手放している

もし等級ダウン事故を起こして保険を使っている場合は、その下がった等級が7等級以上ということが条件になります。

車を手放しているというのは、廃車や譲渡、返還などの手続きを完了、もしくは解約日・満期日までに車検切れで車検を受けていないなどがあります。ちなみに返還というのは、リースしていた自動車をリース会社に返還することです。

手続きに必要な書類

手続きに必要な書類、つまり中断証明書の発行手続きには、以下の書類が必要です。

  • 保険会社発行の中断証明取得依頼書
  • 保険証券
  • 車両の廃車、譲渡、返還などの証明書

契約している保険と、解約日・満期日までに廃車や譲渡、返還が完了していることを明らかにする書類が必要ということですね。

再開するには

中断というと、同じ損保会社でしか再開できないと思いがちですが、そんなことはありません。基本的に国内・外資系損保会社や代理店など、どこでも再開することが可能です。

中断証明書を使って自動車保険を再開するには、以下の条件があります。

  • 中断日から10年以内
  • 新しく車を取得してから1ヶ月以内(中には1年以内の損保会社もあり)
  • 中断前と車の所有者が同じ
  • 中断前と被保険者が同じ
  • 中断前と車の用途や車種区分が同じ

また、中断証明書以外に車検証の写しのような新しく自動車を取得したことを証明できる書類が必要になります。

等級の高い人は必ず中断の手続きを

とりあえず7等級以上のドライバーは、この方法を活用するべきです。

向こう10年の間に車を買って再び運転するかもしれません。「もう運転することはないだろう」と考えていても、とりあえず中断証明書を発行してもらったほうが良いです。

また、記名被保険者の配偶者、同居の親族は同一と見なされるので、一緒に住んでいる家族が高齢などの理由で車を手放す場合、等級が高いのであれば中断証明書を取っておきましょう。

保険の中断手続きは、今現在の保険料が安くなるものではありません。しかし、等級を継承することで将来の保険料が割り引かれるので、活用したい制度ですね。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket