Pocket

契約者が死亡した場合は契約変更や相続人による解約手続きなどを行う必要があります。これは、自動車保険にかぎりません。

自動車保険は、保険契約している自動車は残っているので、手放さないかぎりは契約を継続しておきたいですね。また、等級が高い人が死亡した場合は、できればノンフリート等級を継承したいところ。

実際のところ、契約や等級の扱いはどうなるのでしょうか?

契約者と記名被保険者は違う

まず、はじめに理解しておく必要があるのが、保険契約者と被保険者は違うということです。

詳しくは「保険における契約者と被保険者の違いを押さえる」を見てもらえれば良いですが、簡単に言うと「契約者=保険を申し込んで、保険料を支払う人」「被保険者=保険の補償対象となる人」という違いがあります。

契約をするのが契約者。つまり、保険契約における権利と義務を有するのは契約者です。一方で、被保険者は事故を起こしてしまった場合に、保険適用事故であれば保険金が支払われる人です。

ノンフリート等級が紐付くのは、契約者ではなく被保険者です。ですから、契約者を変更して契約を継続することと、等級が引き継げるかどうかは別の話。まずはここを押さえておきましょう。

契約者が死亡した場合の契約

自動車保険は、基本的に人ではなく、自動車に紐付いているという考え方。ですから、契約者が死亡した場合は、自動車の所有者変更にともなって契約者を変更、そのまま契約を継続するということになります。

契約者の変更手続きは、それほど難しくはありません。通常ですと、損保会社に連絡をし、契約者の意志を確認できる書類を差し入れれば良いです。契約者死亡では意志を確認することができないので、かわりに法定相続人に変更する必要があります。ただ、印鑑証明などの書類は必要ありません。

金融機関の口座名義人死亡時の手続きは大変です。法定相続人全員分の印鑑証明や戸籍謄本、亡くなった人の全戸籍、さらに遺産分割協議書……。それに比べて、自動車保険の契約者死亡による契約者変更の手続きは簡単です。

しかし、記名被保険者の変更には注意しましょう。契約者=記名被保険者の場合、亡くなった契約者と変更する人との間柄によって、等級の扱いが変わります。

記名被保険者の変更は色々と注意が必要

自動車保険で重要なのは、契約者より記名被保険者です。そのため、記名被保険者の変更には、いくつか注意点があります。

被保険者の対象が変わる

自動車保険は、記名被保険者を中心に被保険者が決められています。ですから、死亡によって記名被保険者が変わる場合、被保険者も変わる可能性が出てきます。

例えば、親から子へ変更した場合、まず配偶者が変わります。さらに、同居していない場合は、同居の親族など家族の範囲も変わるので、注意が必要です。補償対象だと思っていたのに、いつの間にか対象外となっていた……ということもありえますからね。

車を使う人を考えて記名被保険者をだれにするかを決めなければいけません。運転者を限定している場合は、追加の保険料を支払うことで補償対象を広げることができます。

ノンフリート等級を引き継げるかどうか

記名被保険者が死亡した場合、変更する際にノンフリート等級を引き継ぐことができるのでしょうか。

家族間で等級を引き継げます。ここでいう家族は、配偶者や同居の親族であって、別居の親族は含みません。つまり、通常の家族間での等級継承と同様で、記名被保険者が死亡したことによる違いはありません

例えば、親が亡くなった場合。同居している場合は、結婚していても未婚でも等級継承可能です。しかし、別々に暮らしている子供に記名被保険者を変更する場合、未婚であっても等級は引き継げないので、注意しましょう。

ただ、等級を引き継げないからといって、死亡後も変更しないと告知義務違反ということになります。最悪保険金が支払われない可能性がありますから、契約内容の変更は行わないといけません。

 

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket