Pocket

友人の車で事故を起こしてしまった。そんな時に、友人が加入している保険の補償範囲に入っているからといって、保険を使うのは正直難しいです。

というのも、自動車保険は一時的なものではなく、保険を使うことで長期にわたって保険料に影響が出てしまうからです。支払われた保険金を負担するからと軽々しく考えて友人の保険を使うのは避けたほうが良いと思います。

ドライバー保険とは

自動車保険には、様々な補償内容の保険や特約があります。補償対象となるのは、大きく車か人か。

基本的には自動車を購入して、自動車保険に加入するので、車は補償対象に入っています。しかし、車を補償対象にせずに、運転者だけを補償対象とする保険があります。それが「ドライバー保険」。

補償内容は対人・対物賠償、搭乗者傷害特約が基本セットです。つまり、事故の相手方への治療費や車の修理代、自分地震や同乗者の治療費を補償するという内容になります。

補償対象となるのは、以下のタイプの自動車。

  • 自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)
  • 自家用貨物車(普通(最大積載量2トン以下)・小型・軽四輪)
  • 特種用途自動車(キャンピングカー)
  • 原動機付自転車・二輪自動車

ドライバー保険で気をつけなければいけないのは、補償対象外となる自動車があることです。

マイカーや同居の親族が所有する車は補償対象外

記名被保険者自身が所有する車や同居の親族が所有する車、さらに記名被保険者が役員となっている法人所有の車は対象となりません。レンタカーであったり、友人の車を借りて乗るケースでないと補償対象とならないのです。

特に運転者の範囲を限定する特約や年齢条件を設ける特約に加入していないかぎりは、それほど問題ではありません。ただ、これらの特約を付けている場合は補償されません。

では、その場合はどうすれば良いのでしょう。

自分が運転することを想定して運転者の範囲や年齢条件を限定してもらうのが一般的です。ただ、そのぶん保険料が高くなる場合があります。そう考えると、東京海上日動の「ちょいのり保険」のように、1日単位で加入できる自動車保険に加入するという方法もありますね。日割りで考えると割高ですが、ほとんど運転はしないという場合は得なんじゃないかと思います。

車を持っていないけど、レンタカーや友人の車を運転する機会があるという人は、ドライバー保険であれ、「ちょいのり保険」のように超短期の保険であれ、万が一に備えて加入しておいたほうが良いでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket