Pocket

自動車保険には、加入が義務付けられている強制保険と、自由に加入できる任意保険の2つがあります。

強制保険は自賠責保険(自動車賠償責任保険)のこと。任意保険は、見積もりをとって検討する各損保会社が提供している自動車保険のことです。

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法に基づいてすべての自動車が加入しなければ運転できない保険です。すべての自動車というのは、自動二輪車や原動機付自転車も含みます。

以下、自賠責保険の補償対象・補償内容を紹介していますが、見るとわかるように最低限の補償対象で最低限の補償内容です。

自動車保険は万が一に備えて加入するものという点から考えると、自賠責保険だけでは不十分と言えますね。任意保険にも加入しておいたほうが万が一の場合に安心です。

補償対象

自動車で他人を死傷させた場合の損害について支払われます。つまり、補償対象は、事故の被害者である「他人」です。運転者である自分自身は補償されません。

また、事故の被害者の車の修理代や事故による物損は補償対象外となります。自賠責保険は、基本的な対人賠償を確保することを目的としているので、物損事故については補償を受けることができません。

補償内容

  • 傷害による損害
    被害者1名あたり最高120万円
  • 死亡による損害
    被害者1名あたり最高3000万円
  • 後遺障害による損害
    被害者1名あたり最高4000万円

被害者1名あたりの支払限度額が決められています。事故1件あたりではないので、仮に被害者が複数いる場合でも、1人あたりの支払いが減額されることはありません。

もし自賠責に加入していない状態だとどうなる?

自賠責保険に加入していない状態で一般道(公道)を走行するとどうなるのでしょうか。

保険が適用されないだけでなく、懲役や罰金の対象となります。1年以下の懲役または50万円以下の罰金および6点減点(免停)が課せられます。

自動車保険は、そもそも自分ではなく事故の被害者を救済するという目的で存在するもの。中でも自賠責保険は、被害者を救済するための最低限の補償という位置づけなのです。ですから、未加入の場合は厳しい処罰の対象となります。

未加入の状態では車検に通らないので、一般的に自賠責保険の契約が切れているという状況にはなりません。ただ、逆に言うと、車検切れになっている場合に自賠責保険も切れている可能性があるので、注意しましょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket