Pocket

自動車保険は自動車の使用目的によって保険料が変わってきます。

自動車保険の使用目的で保険料は変わる」で書いたように、使用目的は「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の3つに分けられます。具体的にどういった使用用途だとどの区分にはいるのかをご紹介。

使用目的を分ける判断基準

業務用

年間を通じて月に平均15日以上、業務に使う場合です。

業務というのは、単純に仕事に使うということで、難しく言えば労働の対価を得るための行為ということになります。ですから、ボランティアの場合は除くのが一般的です。

通勤・通学用

年間を通じて月に平均15日以上、通勤や通学に使用する場合。

通学の定義は、損保会社によって若干違いがありますが、基本的には幼稚園や小・中・高等学校、大学、養護学校など、学校教育法に定められているもの。都道府県知事の認可を得ていれば、予備校や服飾専門学校なんかも含みます。

注意したいのは、学校までの送迎だけでなく、最寄り駅への送迎も含まれるということ。雨の日は最寄り駅まで車を使っている程度の頻度であれば、「通勤・通学」ではなく「日常・レジャー」に含まれますが、毎日のように車で最寄り駅まで行っている場合は「通勤・通学」に含まれます。ちなみに、契約者本人だけでなく、家族の送迎に使う場合も該当すると考えたほうが良いでしょう。

日常・レジャー用

上記2つに当てはまらない場合。

例えば、週末に買い物に行ったり、年に何回か自動車で旅行したりというケースがこれに含まれます。また、業務や通勤・通学で使っていても、年間を通して月平均15回以上でなければ「日常・レジャー」に含まれます。

他の用途だと補償されないというわけではない

このように説明すると、用途に応じて区分されているように思われるかもしれません。しかし、他の用途で事故を起こした場合、必ずしも補償されないというわけではありません。

使用目的は縦割りではなく、以下の様に「業務」の中に「通勤・通学」、その中に「日常・レジャー」と内包されています。

自動車の使用用途

つまり、「日常・レジャー」を使用目的として自動車保険を契約した場合は、「業務」「通勤・通学」を使用目的としていた時に補償はされませんが、「業務」を使用目的としていた場合は、例えば週末に買い物に行く時に事故を起こした場合でも補償対象となるのです。

難しいのは、「業務」や「通勤・通学」の定義。単純に、仕事に使っているとか、通学・通勤に使っているというのではなく、「年間を通じて月平均15日以上」使っているかどうかです。ですから、たまたま通勤に使って事故を起こしてしまった場合は、「日常・レジャー」でも補償されるはず。

保険料が変わるので、申告は正直に

使用目的によって保険料は変わります。「業務」用が一番高く、「通勤・通学」「日常・レジャー」用の順番に保険料は安くなります。

保険料が安くなるからと、日常的に業務に使っていても「日常・レジャー」用と申告する人がいるかもしれません。しかし、虚偽の申告は絶対にやめましょう。

保険料が変わる項目になるので、使用目的は告知義務に含まれる重要な事項です。事実と異なる使用目的で保険を契約している場合、事故を起こしても告知義務違反ということで保険金が支払われない恐れがあります。

自動車保険は万が一の場合に補償を受けるために加入するもの。ちょっと保険料が安くなるからといって、虚偽の申告をして契約することはやめましょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket