Pocket

営業用の自動車だったり、社長の送迎用だったり。社用車を持っている会社は少なくありません。

個人の場合だけでなく、法人の場合でも自動車保険に加入しておく必要はあります。むしろ、社用車のほうが利用する頻度が高くなることが多いので、万が一の事故に備えて自動車保険を必ず契約するようにしましょう。

個人契約よりも法人契約のほうが保険料が高い?

個人契約よりも法人契約のほうが自動車保険の保険料が高くなる場合が多いです。

個人の契約を引き継がず、新規の契約となることが要因として挙げられます。個人では無事故だったから高い等級で保険料が安い。運転者が同一人物であっても、法人の場合はその個人とは紐付かないのです。

また、保険適用対象者が多いのも要因のひとつ。運転者の年齢が幅広いから、年齢制限をかけずに無制限にすると保険料は高くなります。

もちろん、個人とは違い、法人で自動車保険の契約ができる損保会社が少ない、選択肢が少ないことも理由としてあります。しかし、それ以外にも高くなる理由はきちんとあるのです。

法人向けの自動車保険

営業車両なのか、送迎用車両なのか。1台なのか複数台なのか。

個人の場合と比べて、法人の自動車を使う用途や台数は様々です。そのため、保険料が大きく変わる場合がありますから、複数の損保会社で見積りをおこなったほうが良いでしょう。

しかし、より多くの損保会社から見積りを取ろうと思っても、そもそも法人契約ができる損保会社はそれほど多くはありません。例えば、テレビCMをよく目にするアクサダイレクトやアメリカンホームダイレクトは、個人契約しかできません。

法人契約が可能なのは、主なところでは以下の損保会社です。

  • チューリッヒ
  • 損保ジャパン
  • ソニー損保
  • セコム損保
  • 東京海上日動
  • 日本興亜損保
  • あいおいニッセイ同和損保
  • AIU保険

これらの損保会社は法人契約にも対応しています。ただ、ほとんどがインターネットからの手続きはできず、電話で問い合わせる必要があります。

自動車保険は、個人契約よりも法人契約の保険料のほうが高くはなります。しかし、保険料は会社の経費になりますし、保険料を安くすることも大切かもしれませんが、それよりも万が一の場合の補償内容を精査して選んだほうが良いでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket