Pocket

自動車保険には対物賠償保険と対人賠償保険は入っています。ドライバー保険でも基本的な契約内容に入っていますね。

対人賠償も対物賠償も、被保険者本人に対してではなく事故の相手方へ保険金が支払われるもの。つまり、被害者救済のための賠償責任保険という意味合いです。

基本的に自動車保険に入っていますが、補償限度額については「3000万円」「5000万円」「無制限」のように選べます。補償限度額が高いほうが保険料は高くなります。選ぶために、対物賠償保険、対人賠償保険のことを理解しておきましょう。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、事故によって他人の自動車や物を壊してしまい、法律上の賠償責任を負った場合に補償される保険です。

保険が適用されるのは「他人の財物」。自分や家族の所有物については、補償対象外です。例えば、自分の家の塀を壊してしまったとか、家族の車にぶつけてしまったとしても、保険金は支払われません。

物損事故の場合は思った以上に損害賠償が高額になります。単純な物損の賠償だけでなく、事故による店舗の休業補償のような間接的な損害に対する賠償責任も生じるからです。対物賠償保険は補償限度額を無制限にしておいたほうが良いでしょう。

対人賠償保険

対人賠償保険とは、事故によって他人を死傷させてしまい、法律上の賠償責任を負った場合に補償される保険です。対物賠償とは違い、自賠責保険に対人賠償が付いているので、自賠責保険ではカバーできなかった損害部分に対して保険金が支払われるということになります。

保険が適用されるのは「他人」なので、事故の相手方が以下の場合は保険金は支払われません。

  • 記名被保険者本人
  • 記名被保険者の配偶者、子供、親
  • 記名被保険者の使用人
  • 被保険自動車の運転者およびその配偶者、子供、親

対物・対人賠償は無制限を選ぶ

対物賠償、対人賠償は事故の被害者救済のための保険です。ですから、飲酒運転や無免許運転によって事故を起こしてしまった場合でも、保険金は支払われます。

被害者救済のためとはいえ、どうして悪質な運転に対しても補償されるのか。それは、損害賠償額が高額になるからです。また、高額化している傾向にあります。

対人事故でも対物事故でも億単位の損害賠償額になることがあります。自賠責保険で対人賠償はありますが、補償されるのは死亡で最高3000万円、後遺障害で最高4000万円ですから、とてもじゃありませんがまかないきれません。

【参考】
日本損害保険協会 – SONPO | お役立ち情報 - 損害保険の解説 - 自動車保険
http://www.sonpo.or.jp/useful/insurance/car/point.html

対物賠償保険、対人賠償保険、ともに「無制限」を選ぶことをおすすめします。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket