Pocket

単独事故で運転者や同乗者が死傷する。その場合に補償を受けられる保険というと「搭乗者傷害保険」をイメージするかもしれません。しかし、搭乗者傷害保険以外に「自損事故保険」という保険もあります。

多くの場合では、対人賠償保険に自動付帯されているので、対人賠償に加入していれば保険料は特に変わりません。

自損事故保険とは

自損事故保険で支払われる保険金は以下のようになっています。若干、損保各社によって違いはあるものの、ほぼ変わりません。

  • 死亡保険金 1500万円
  • 後遺障害保険金 50万~2000万円
  • 介護費用保険金 200万円
  • 医療保険金 入院6,000円/日、通院4,000円/日

対人賠償で最低限の補償が受けられる自賠責保険で支払われる金額と比べてみるとわかりますが、自損事故保険の補償は十分とは言えない内容となっています。自賠責の場合は、死亡時で最高3000万円、後遺障害による損害で最高4000万円ですからね。

自損事故保険の注意点

搭乗者傷害保険の場合は、使ってもノーカウント、つまり事故としてカウントされないので、ノンフリート等級は変わりません。等級据え置きではありませんから、無事故の場合と同様に翌年は1等級上がります。一方で、自損事故保険は、使うと3等級ダウンします。

また、単独事故で運転者、同乗者が死傷する事故であっても、保険金が支払われないケースがあります。

  • 記名被保険者の故意による事故で生じた障害や死亡
  • 記名被保険者の逃走行為、自殺行為、犯罪行為により起きた事故
  • 無免許や飲酒等で正常な運転ができない状態で起きた事故
  • 記名被保険者が車両所有者の承諾なく運転して起こした事故
  • 自動車修理業、駐車場業などを行なっている事業者が受託して運転中に起きた事故

無保険車傷害保険と重複しているケースが多く、基本的に意図的であったり、悪質な運転によって事故が発生した場合は、補償対象外となるようです。

自損事故保険と搭乗者傷害保険は両方請求可能

単独事故で運転者や同乗者が死傷した場合、自損事故保険と搭乗者傷害保険、両方から保険金を受け取ることが可能。どちらか一方しか請求できないわけではありません。

ただし、自損事故保険は使うと3等級ダウンとなるので、翌年以降の保険料に影響が出ます。補償内容も最低限の内容となっているので、使うか使わないかは慎重に検討したほうが良いでしょう。

また、自損事故保険は、相手の保険で補償されることのない相手のいない単独事故や過失割合が100%の事故で、保険金を受け取れないという最悪のケースを避けるためというような位置づけです。ですから、補償内容が十分ではありませんので、万が一のことを考えると搭乗者傷害保険に加入したほうが良いと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket