Pocket

自動車事故には相手のある事故とない事故があります。相手のある事故の場合、どちらか一方が原因で事故が発生したと言えない場合が往々にしてあります。

自動車保険では、双方にどのぐらいの過失があったのかを数字にします。これを過失割合といい、この過失割合によって支払われる保険金は変わってきます。

例えば、直進車と右折車が交差点で衝突した場合。信号のない交差点だと右折車のほうが過失割合が高くなりますが、信号があって右折用の信号が青の場合は直進車の過失割合が高くなります。このように同じ場所で事故が起こったとしても、シチュエーションによって過失割合は変わります。ですから、保険会社や事故の当事者同士が過失割合など示談交渉をすることになります。

損害賠償額が減額される過失相殺という考え方

事故の相手方に対して、対人賠償、対物賠償保険で保険金が支払われます。車対車の衝突事故で車の修理代に100万円かかったとすると、単純に100万円の保険金が相手の損保会社から支払われるのかというと、そうではありません。過失割合に応じて保険金は減額されるのです。つまり、自分の過失分については事故負担してくださいということですね。これを過失相殺といいます。

補償限度額が無制限だろうと関係なく、あくまでも過失割合を差し引いた額が保険金として支払われます。車の修理代が100万円かかって、過失割合が30%の場合、相手の損保会社から保険金70万円が支払われて、30万円は自己負担ということになります。

自己負担をしないために、車両保険や搭乗者傷害保険に入っておくと安心です。しかし、自己負担したくないから保険を使うと安直に考えないほうが良いでしょう。自己負担をして保険を使わなければノンフリート等級に影響はありません。等級ダウンによって上がる保険料と自己負担額を天秤にかけて選ばなければいけません。

自賠責でも過失割合による減額がある

自賠責保険にも過失割合による補償額の減額はあります。しかし、自賠責保険は被害者の救済を目的としている強制保険です。そのため、任意保険に比べると基準はゆるく、過失割合が70%未満の場合であればケガでも死亡、後遺障害でも減額はされません。つまり、よほどの過失がなければ補償額は変わらないのです。

交通事故でケガをした場合。過失割合が80%未満であれば補償額は減額されません。しかし、80%以上の場合は20%の減額となります。一方で、死亡もしくは後遺障害の場合は、過失割合が70%以上80%未満の場合は20%減額、80%以上90%未満の場合は30%減額、90%以上100%未満の場合は50%減額と、最大で補償額が50%の減額となります。

最大で50%と聞くと大幅に減額されるように思うかもしれません。しかし、任意保険の場合は単純に過失割合分の保険金が減額されます。つまり、過失割合が90%の場合は90%減額されるということ。そう考えると、自賠責保険は被害者救済を目的とした保険と言えるのかなと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket