Pocket

搭乗者傷害保険と人身傷害保険。セットで紹介されているケースが多いですが、保険の内容は結構違います。

基本的に補償範囲の広い人身傷害保険には加入しておいたほうが良いと思います。では、搭乗者傷害保険には加入しなくても良いのか。保険料がそのぶん高くなるものの、加入することでのメリットがあります。メリットをきちんと理解して加入するしないを決めると良いでしょう。

搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険とは、契約車両の搭乗者が自動車事故で死傷した場合に補償される保険です。

死亡時に支払われる保険金は契約時の補償額満額ですが、傷害の補償が部位や症状別に応じて支払われる保険金が一定額であるのが特徴。例えば、手指の打撲で○円、骨折で○円、頭部の挫創で○円のようになっています。

通常、保険金の支払いは、事故の調査をして過失割合を決めて補償額を決定する流れとなりますが、搭乗者傷害保険の場合は支払われる保険金があらかじめ定められているので、けがの部位や症状が確定した段階で保険金を受け取れる損保会社が多いです。

搭乗者傷害保険の留意点は、すべて支払われるとは限らないこと。複数の部位に傷害を負った場合に、保険金の高いもののみ支払う損保会社がほとんどです。ですから、スピーディーに受け取れるのはありがたいですが、十分な補償が受けられる保険ではないかもしれません。

人身傷害保険とは

人身傷害保険も契約車両に搭乗中の事故で傷害を負った場合に補償されます。しかし、搭乗者傷害保険と保険内容は大きく異なります。

人身傷害保険の場合は、契約車両に搭乗中以外の事故でも補償されます。例えば、他の車に乗っていて遭遇した事故や歩行中、自転車運転中に巻き込まれた自動車事故も補償対象です。さらに、保険を使っても等級に影響はありません。

補償内容も違います。一定額が決められている搭乗者傷害保険とは違い、人身傷害保険では契約した保険金額を上限に損害額が全額支払われます。治療費だけでなく、逸失利益や精神的損害なども損害額に含まれます。全額ということなので、過失割合は関係ありません。

さらに、補償対象も違います。搭乗者傷害保険は契約車両の搭乗者であれば知人でも対象になりますが、人身傷害保険は記名被保険者とその配偶者、同居の親族が補償対象です。

搭乗者傷害保険も契約しておいたほうが良い

搭乗者傷害保険のメリットは、保険金をスピーディーに受け取れることです。人身傷害保険も過失割合が関係ないので、損害額が確定したら保険金が支払われますが、逸失利益などもあるので確定するまでに時間がかかります。

保険金が支払われるまでには、思ったより時間がかかるもの。また、保険金の確定までに紆余曲折があります。そんな中で事故でけがをして入院した場合の心理的な負担は大きいです。治療費の心配も当然しなければいけません。

そういう点で部位や症状が確定した時点で保険金が受け取れる搭乗者傷害保険は、補償額以上のメリットがあるのではないでしょうか。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket