Pocket

運転免許証のタイプ(色)は複数あります。

優良運転者もしくはペーパードライバーの証であるゴールド免許証、そして一般的なブルーの免許証。さらに、グリーン免許証もあります。ゴールドとブルーだけだと思っていたのですが、グリーンもあるんですね。

運転免許証のタイプ(色)によって、自動車保険の保険料は変わります。まずは、それぞれの免許証の特徴を簡単にご紹介。

運転免許証の色による違い

【ゴールド免許証】

運転免許の更新をおこなった時点で、過去5年以内に無事故・無違反だった優良運転者に交付される免許証です。

ゴールド免許は有効期間が5年間、つまり5年に1回の更新ですみます。もちろん、一度ゴールドになれば継続というわけではなく、事故や交通違反を起こしてしまうと、次回更新時にはブルー免許になってしまいます。

【ブルー免許証】

免許取得し、初回の更新をおこなうとブルー免許になります。

一部有効期間が5年となるケースがありますが、ブルー免許の有効期間は基本3年間です。次回更新までに無事故・無違反であればゴールド免許が交付されます。

【グリーン免許証】

はじめて運転免許を取得した場合に交付される免許証です。

取得してから2年以上3年以内にある誕生日から1ヶ月後までが有効期限となっていて、更新後はブルー免許に変わります。

保険料が変わる理由

運転免許証の色によって、自動車保険の保険料が変わる理由。単純な話で、事故を起こす可能性が高いか低いかということです。

過去5年間、無事故無違反だったゴールド免許の運転者と、運転免許をとったばかりのグリーン免許の運転者。どちらのほうが事故を起こす可能性が高いかというと、言うまでもありません。

損保会社は自動車保険契約者が事故を起こすと、飲酒運転や無免許運転など免責事由に該当する場合を除き、保険金を支払う可能性があります。そのため、事故を起こす可能性の低い運転者と契約を結びたいはずです。

どういう運転者であろうと、自動車保険契約を結ぶ以上、同様に保険金は支払われます。ですから、事故発生のリスクが高い運転者にはそのぶん保険料を高く設定するのです。運転免許証の色によって保険料が変わってくるのは、こういった理由があります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket