Pocket

交通事故で被害者が加害者に請求する損害賠償。負ったけがの治療費や自動車の修理代だけではありません。

加害者に対して被害者が請求できる損害は、以下の4つに分けられます。

  1. 積極損害
  2. 消極損害
  3. 慰謝料
  4. 物損

1. 積極損害

積極損害とは、事故によって被害者が支払わなければならなくなった損害のこと。けがを負った場合の治療費はこれに当たります。

また、治療費だけでなく、通院にかかった交通費や医師の指示のもとで治療のために購入した治療器具の購入費用も請求できます。被害者が死亡した場合の葬儀費用も積極損害です。

2. 消極損害

消極損害とは、逸失利益や休業損害のこと。事故にあわなければ得られたと予測される利益のことです。

死亡や後遺障害によって失われた利益を逸失利益と言います。利益を逸した、つまり損害ですね。また、交通事故でけがをして仕事を休んだ場合に減少した収入のことを休業損害と言います。仕事を休んで給料が減らなかったら請求はできませんが、有給消化した場合はそのぶんを請求することが可能です。

金額の算出が難しいのが逸失利益。死亡したことによっていくらの利益を逸したかを立証するのは困難です。また、専業主婦など収入を得る仕事をしていない人の場合、逸失利益を計算することが難しいです。

3. 慰謝料

慰謝料とは、被害者(もしくは遺族)が受けた精神的・肉体的な苦痛に対する補償になります。加害者や相手の損保会社と交渉した際に提示されますが、提示された金額を受け入れる必要はありません。

慰謝料は、傷害や死亡・後遺障害のある人身事故の場合に損害として認められるので、物損に対して慰謝料を請求することはできません。

4. 物損

物損とは、事故によって壊れたものに対する弁償です。

自動車の修理代や買い換え費用を損害賠償請求することが可能。また、車が使えない期間の代車費用なんかも物損になります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket