Pocket

2012年10月以降、自動車保険のノンフリート等級制度が改定されます。新たな等級制度が導入され、保険契約者には色々と影響が出るようです。

ちなみに、全契約者のノンフリート等級制度が改定されるわけではありません。改定後に新規契約、契約更新(継続契約)した人が対象となります。

【参考URL】
自動車保険のノンフリート等級別料率制度が改定、その意義と影響とは|暮らし|CHUNICHI Web

事故を起こした人に、より保険料負担が重くなる仕組み

以前のノンフリート等級制度では、同じ等級であれば事故の有無にかかわらず同じ割引率が適用されていました。

しかし、新制度では事故を起こしたドライバーと無事故のドライバーに違いが出ます。なぜなら、事故を起こしたドライバーは、再び事故を起こすリスクが高いからです。

具体的には、保険契約者の事故の有無で、適用する係数(割増引率)を区別します。事故を起こしたドライバーは「事故有係数」、無事故のドライバーは「事故無係数」という保険料体系が適用されることになります。

等級すえおき事故の廃止

等級すえおき事故が廃止され、かわりに1等級ダウン事故となります。

もともと、車両保険を使うケースが多い、火災や盗難、飛び石、落書きなど比較的軽微で偶然の事故については「等級すえおき事故」として等級は下がりませんでした。しかし、新制度では1等級ダウンとなり、さらに事故有係数が適用されることになります。

ノンフリート等級制度改定により、事故を起こして自動車保険を使った契約者の負担は増えます。ですから、実質的な値上げととらえる人は多いでしょう。しかし、損保各社は「契約者間の保険料負担の不公平を是正するため」という目的で行うようです。

つまり、保険を使っていない=無事故の契約者は、もっと優遇されるべきだということなのかなと。今後は、無事故無違反の運転を心がけることが、自動車保険の保険料を安く抑えるために、より重要になってきそうですね。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket