Pocket

自動車に乗る機会の多い人のほうが事故に遭遇するリスクは高い。当然のことです。この当然の理由から、契約車両の使用目的や頻度によって自動車保険の保険料は変わります。

保険の見積もりや契約をする時に使用目的を申告することが必要です。使用目的は、「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の3種類に区分されます。

自動車の使用目的を区分すると

使用目的を判断する基準は、それぞれの使用頻度。業務や通勤・通学に該当しない場合、消去法的に日常・レジャー用となります。

【日常・レジャー】
休日のドライブや買い物などに利用。3つの使用目的の中では、一般的なタイプになります。

【通勤・通学】
週5日以上または月15日以上通勤・通学に使用する場合です。

【業務】
週5日以上または月15日以上業務に使用。

使用目的による保険料の違い

上の使用目的で保険料がもっとも安いのは、「日常・レジャー」。次いで、「通勤・通学」「業務」の順で高くなります。法人契約の保険料が高い理由の1つとして、使用目的が「業務」であることが挙げられるでしょう。

当然のことですが、使用頻度の高い使用目的のほうが保険料は高いです。つまり、使用目的によって保険料を安くすることもできるかもしれません。

一般的には、「日常・レジャー」で使用するケースが多いです。ただ、例えば「以前は車で通勤していたが、引越しに伴って電車通勤に変えた」「自営業で業務に使っていたが、仕事では使わなくなった」場合は、使用目的区分を変更することで保険料を引き下げることができますね。

自動車保険の保険料を見直す際に、使用目的区分がどうなっているのかも念のために確認しておくと良いでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket