Pocket

ダイレクト(通販型)自動車保険と代理店型自動車保険。大きく分けてこの2つになります。

ダイレクト自動車保険は、直接契約するので保険料が安いとか、ロードサービスやフリーダイヤルやインターネットで事故対応の範囲が広いとか、メリットが多く挙げられています。

一方で、代理店型自動車保険のメリットってあまり目にしません。どちらかというと、保険料の安いダイレクト自動車保険に比べて、保険料が高いなどデメリットに映る記事のほうが多いです。でも、代理店型は代理店型なりのメリットが当然存在します。

代理店型自動車保険のメリット

代理店型のメリット。それは、「担当者のアドバイスを受けることができる」ことに尽きます。

保険契約時だけでなく、事故を起こしてしまった場合も、取扱いの代理店に連絡すると、アドバイスを受けることが可能。代理店によるところではありますが、通販型に比べると幅広くアドバイスをもらえます。

1事故につき1担当者を付けるダイレクト損保会社もありますが、担当者を指名できるわけではありません。その点、代理店型の場合は、契約時点で担当者の人となりを確認できるわけですから、何かあった場合の安心感は変わってきます。

基本的には、ダイレクト自動車保険のデメリット部分が代理店型のメリットになります。

丁寧なサポートは代理店型のほうが良い

ダイレクト自動車保険の場合は、広範囲でカバーしているぶん、サービス内容については良くない声があります。契約者数を伸ばしている大手のダイレクト損保会社でもこれは同じ。

「マニュアル対応で冷たかった」「上から目線で事故の相手方に不快な思いをさせてしまった」「連絡のレスポンスが遅い」などなど。ネット上で目にするコールセンターへの不満は、ちょっと探せば見つかります。

保険の自由化で出てきたダイレクト自動車保険に比べて、代理店型自動車保険のほうが歴史が長い。通販型は保険料が安く、テレビCMやインターネット上の色々なところで広告を目にしますが、国内のシェアで言うと圧倒的に代理店型が多いです。サービス開始時期に差があるにしても、それだけ代理店型のニーズがあるとも言えます。

保険料というコストを考えた場合はダイレクト自動車保険に軍配が上がります。しかし、不安だから丁寧なサポートが欲しいという場合は、多少高いコストを払ってでも代理店型自動車保険を選択したほうが良いのかもしれません。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket