Pocket

若い人と高齢者、どちらのほうが事故にあうリスクが高いと思いますか?

一般的には、若年層のほうが事故率が高く、高年層のほうが事故を起こす可能性が低いと言われています。実際に、年齢が上の人のほうが優良ドライバーが多く、事故のリスクが低いという統計があるそうです。

そして、統計に基づいて、年齢条件(年齢区分)によって保険料が異なっています。

若い人ほど保険料は高くなる

以下が、自動車保険における一般的な年齢区分です。

  • 全年齢担保・・・運転者18歳以上を補償
  • 21歳未満不担保・・・運転者21歳以上を補償
  • 26歳未満不担保・・・運転者26歳以上を補償
  • 30歳未満不担保・・・運転者30歳以上を補償
  • 35歳未満不担保・・・運転者35歳以上を補償

若年層ほど保険料は高く、年齢が上の人ほど安く設定されています。つまり、10代(18歳以上)から補償対象となっている「全年齢担保」よりも35歳以上を補償する「35歳未満不担保」のほうが保険料は安いのです。

単純に高齢のほうが保険料が安いというわけではなくなっている

ただ、ここで1つ疑問が出てきます。年齢が高いほうが事故率が低く、保険料が安いというが、高齢者の場合は逆に事故率が高いんじゃないかと。

実際に、高齢者のほうが反射神経の衰えにより、事故を起こすリスクが高まるということも言えます。

そこで、最近では損保各社は年齢区分を細分化するケースが出てきました。以前は、3、4パターンしか年齢区分がなかったものが、増えてきているのです。

基本的に、事故のリスクが高い人ほど保険料を高く、事故のリスクが低い人ほど保険料を安くする、という考え方からすると、当然といえば当然の流れと言えるでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket