Pocket

自動車保険にかぎらず、保険では契約者と被保険者があります。どう違うのでしょうか。

契約者は「保険を申込む(契約する)」「保険料を支払う」人で、被保険者は「保険の補償対象(保障対象となる」人です。イコールになる場合もあれば、イコールにならない場合もあります。

自動車保険は、契約者と被保険者、つまり保険金の受取人はイコールの場合が多いですね。一方で、学資保険。契約者は親で、被保険者は子供になります。この場合は、イコールではありません。

自動車保険の場合は、さらに記名被保険者という違いがあります。

記名被保険者とは

記名被保険者とは、文字どおり保険証券の賠償被保険者欄に記名する被保険者です。通常、契約車両を主に使用する人を記載します。

生命保険や入院保険の場合は、個人が保障対象となる場合が多いです。しかし、自動車保険の場合は、複数人が補償対象となる場合が多いので、記名被保険者という区別の仕方があるのです。

自動車保険では、記名被保険者を中心にして、一定の範囲が補償対象になります。例えば、対人・対物賠償保険の場合、記名被保険者以外に、その配偶者や同居の親族、また別居の未婚の子供などが賠償保険の補償対象になります。

契約者よりも被保険者が自動車保険では重要

自動車保険は、万が一の場合に自分や事故の相手方のために加入する保険です。自分の身になにか起こった場合に加入する生命保険とは違います。ですから、一般的に契約者=被保険者の場合がほとんどです。

保険料の支払いは一括払いの人が多いので、契約後に契約者で何か保険の内容が変化することはありません。しかし、被保険者は契約後に変わってくる可能性があります。

転勤で単身赴任したり、補償対象となっている同居していた子供が進学で一人暮らしをはじめたり、一人暮らししていた子供が結婚したり。特に、引越しなんかで補償対象が変化する場合があります。

自動車保険では、契約者よりも被保険者のほうが重要。記名被保険者を中心に補償対象が変わってくるので。被保険者の範囲はしっかりと把握するようにしましょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket