Pocket

当て逃げ事故で自動車保険を使った場合に等級は下がるのでしょうか?

結論から先に言うと、当て逃げ事故で自動車保険を使えば、等級が下がるものもあれば、等級が下がらないものもあります。念のため、当て逃げしたのではなく、当て逃げされた事故の場合です。

等級が下がらない保険・特約

当て逃げ事故で使える保険に、搭乗者傷害保険や人身傷害保険車両保険があります。当たり前ですが、自分自身や搭乗者、マイカーのための保険です。

当て逃げされた場合、搭乗者傷害保険や人身傷害保険だけを使用しても等級が下がりません。ノンフリート等級制度で定義されているノーカウント事故になります。

基本的に、事故の被害者になった場合、自分が加入している搭乗者傷害保険や人身傷害保険のような自分自身や搭乗者のための保険、そして事故の相手方が加入している対人・対物賠償保険から保険金が支払われます。

当て逃げの場合、相手方が特定できていないので、自分が加入している保険で賄わなければいけません。そう考えると、搭乗者傷害保険や人身傷害保険には入っておいたほうが良いでしょう。

当て逃げで車両保険を使う場合は注意が必要

車両保険も当て逃げ事故で使うことはできますが、車両保険を使う場合は注意が必要です。

当て逃げ事故でも使えるものの、使うと3等級ダウン事故ということでノンフリート等級が3等級下がります。

自損事故でも当て逃げでも、車両保険を使った場合は同じです。どうしてかというと、区別をつけるのが難しいからです。自己申告で良いのであれば、自損事故でも当て逃げと言いますよね?そのため、当て逃げ事故でも3等級ダウン事故になるのです。

ただし、車両保険の中には3等級ダウンとならない事故があります。

3等級ダウン事故にならないケース

車両保険を使っても3等級下がらないケースはあります。といっても、ノーカウントではなく、1等級ダウンとなります。1等級ダウン事故に当てはまるのは以下のようなものです。

  • 盗難
  • いたずら
  • 火災や爆発(衝突事故によるものは除く)
  • 台風、竜巻
  • 洪水、高潮
  • 騒じょう等にともなう暴力行為、破壊行為

当て逃げ事故の場合で1等級ダウン事故になるのは、相手の特定と、警察に事故届を出し、当て逃げ事故と判断されて事故証明書が発行される必要があります。しかし、相手が判明すれば、車両保険以外、例えば相手方の自動車保険で補償を受けられるので、あまり現実的な話ではありません。

仮に上記のような場合でも、ノンフリート等級は1等級下がります。保険を使わない場合に比べて2等級差が出てきます。当て逃げ事故にかぎらず、高額な修理代にならなければ、車両保険は使わないほうが良いのかもしれません。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket