Pocket

ファミリーバイク特約は、車両保険に比べて付帯率はかなり低い。自動車と原付を持っている人とか、同居の家族が原付に乗っている人以外は、必要としない特約ですからね。

ただ、原付や125cc以下のバイク単独で任意保険に加入するのに比べると、保険料は安く抑えることができます。125cc以下のバイクという制限はありますが、本人もしくは同居の家族が自動車保険に加入しているのであれば、ファミリーバイク特約はおすすめです。

ファミリーバイク特約とは

ファミリーバイク特約には、大きく人身タイプと自損タイプがあります。それぞれの違いは、人身傷害事故が補償されるか、自損事故のみが補償対象となるかということです。

人身傷害保険は、自動車保険でも加入している必要があります。また、自動車保険での契約の有無は関係なく、搭乗者傷害保険を付けることはできません。

2つに共通する主な特徴は、以下のようなものがあります。

対人・対物賠償の補償内容・条件は自動車保険に準じる

対人賠償保険、対物賠償保険で支払われる保険金など補償内容や条件は、主たる契約の自動車保険に準じます。ただし、年齢条件や運転者限定については、関係ありません。

年齢条件やバイクの所有台数に制限がない

年齢条件・所有台数は無制限です。高校生の子供を含め、全年齢が対象となります。また、1台であっても、4~5台であっても、特約は1つで問題ありません。

ですから、自動車保険を複数台加入している場合は、1つだけにファミリーバイク特約を付けるようにしないと、補償内容が重複するので注意しましょう。

他人所有のバイクでも補償対象となる

ファミリーバイク特約では、自分自身が所有する原付でなくても保険金が支払われます。学生の子供なんかは、自動車に比べて知人の原付を運転する機会は多いかもしれません。知人の原付で事故を起こしても補償を受けられるのは安心です。

自動車保険の等級には影響なし

ファミリーバイク特約を使っても自動車保険の等級には影響ありません。ノンフリート等級制度におけるノーカウント事故となっているので、自動車で等級のダウンすることがなければ、翌年に1等級上がります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket