Pocket

自動車保険のひとつである「BAP(一般自動車保険)」というものを知っていますか?

BAPとは、「Basic Automobile Policy」の略語。簡単に説明すると、契約者が自分の加入したい担保種目ごとに選択して保険を付けることができる、ばら売りタイプの保険のことです。

最小限の保険のみをを選ぶことができるため、保険料を節約したい方には、おすすめの自動車保険といえるかもしれません。

しかし、BAPは制限が多いです。大きなデメリットとして、対人事故・対物事故の際の示談交渉を受けることができないことが挙げられます。

あくまでも必要最低限の補償がほしい人向けの商品で、一般のドライバーが加入するには十分な自動車保険とはいえません。

基本契約として対人賠償、対物賠償車両保険のいずれか1つには必ず加入する必要があります。BAP(一般自動車保険)の特徴のひとつとして、自損事故保険は対人賠償責任保険と自動付帯することもあげられます。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket