Pocket

知名度の高い会社のほうが、何か安心する。こういう人は多いかもしれません。特に、サービスや商品にそれほど違いがなければ、知名度や会社の規模で選ぶでしょう。

自動車保険の場合はどうでしょうか。

大手損保会社のほうが保険料が安いとかはあるかもしれません。では、大手損保会社のほうが示談交渉を有利に進めることができるんじゃないか。意外と、このように考える人はいるようですが、そんなことはありません。

過失割合は裁判所の過去の判例を基準にする

示談交渉の場では、事故状況の検証や過去の判例に基づいて過失割合を決めます。

ですから、事故の状況をはっきりすれば、過失割合でゴチャゴチャすることはありません。ただ、事故の状況検証が面倒といえば面倒です。基本的に損保会社は、できるだけ保険金を支払いたくはないはず。当然、相手に過失があるように主張をします。

これを防ぐためには、まずは事故を起こしてしまった場合に、すぐに警察を呼ぶこと。事故の状況検証をすぐに行うことで、齟齬のないようしましょう。

示談交渉の上手下手については、事故担当者次第。損保会社の規模の大小が影響することはありません。実際、大手のほうが全体のスキルが高いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。逆に、大手のほうが対応が悪いという声もあります。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket