Pocket

損保会社(損害保険会社)が破たんした場合、契約している保険はどうなるのでしょう?

日本国内では、破たんした損保会社の保険契約者などを保護する法人があります。それが、損害保険契約者保護機構です。1998年12月に認可を受けて設立されました。

損害保険契約者保護機構には、国内すべての損保会社が加入しています。そして、加入している損保会社の契約者などが補償対象となります。つまり、基本的にはすべての保険契約者が補償対象になると考えて良いでしょう。

引受保険会社が破たんした場合、保険金や解約返戻金は原則80%まで補償されます。ただし、破たんした損保会社の支払いが停止してから3ヶ月間が経過するまでに発生した事故にかんして支払われる保険金については100%です。

金融庁が監督官庁なので、保険は投資なんかと同じように考えられているのでしょうね。つまり、契約者保護。そうすることで、保険業に対する信頼性を損なわないようにすることも損害保険契約者保護機構が設立された目的となっています。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket