Pocket

現在の自動車保険は、リスク細分型が主流となっています。1998年の保険自由化にともなって、損保各社が独自の保険商品を提供するようになったからです。

自由化以前はパッケージ型自動車保険が取り扱われていました。現在も少数派にはなったものの、取り扱われています。

パッケージ型自動車保険の種類

パッケージという文字どおり、様々な保険をあらかじめセットにしている保険商品です。内容は、対人賠償保険や対物賠償保険、搭乗者傷害保険、車両保険などがあります。

パッケージ型自動車保険の中に、いくつか種類があります。

自家用自動車しか加入できない、示談交渉をしてもらえないなどの違いがあります。

必要な保険や特約を自分で選ぶことができるようになったので、パッケージ型自動車保険に加入している人は少ないんじゃないかと思います。あらかじめバランス良くセットになっているので、よくわからない人には良いのかもしれません。

とはいえ、不要な保険や特約を付けないことで保険料を安くできるので、パッケージ型自動車保険に加入するよりは、少し勉強して自分で選んだほうが良いと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket