Pocket

自動車保険は、年齢条件を付けることで保険料を安くすることができます。

年齢区分は「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」となっていて、若い人を補償対象に含めるほど高くなります。これは、若い人ほど事故リスクが高いからです。

では、60代、70代といった高齢者の方は、どうなんでしょうか?

保険加入に年齢制限はあるのか

そもそも自動車保険に年齢制限はあるのでしょうか?

運転免許を取得できる18歳から70歳以上まで、年齢制限はありません。運転免許証を交付されているので、年齢は関係ないようです。

しかし、2011年4月から大手損保各社が記名被保険者の年齢区分を細分化、60歳以上の保険料を大幅に値上げしました。これは、60歳以上だけではなく、全年齢を対象とした値上げです。ただ、60歳以上の保険料の上げ幅が大きかったのです。

今までは30歳(35歳)以上を一括りにしていた年齢区分を、「30歳以上40歳未満」「40歳以上50歳未満」「50歳以上60歳未満」「60歳以上70歳未満」「70歳以上」と10歳ごとに区切りました。そして、60歳未満に近づくほど保険料は安くなり、60歳以上は高くなります。

高齢者の保険料大幅値上げの理由

60歳以上の保険料は大幅に値上げされました。以下がその理由として挙げられます。

  • 高齢者の自動車事故が増加している
  • 高齢者のほうが治療期間が長くなり、治療費が高くなりがち
  • 高齢者は「運転経験が長い=自動車保険加入歴が長い」ので、ノンフリート等級が高く、保険料を大幅に割引かれている人が多い

こういった理由から、保険の公平性を保つために60歳以上の保険料大幅値上げということになったようです。

保険金を支払う可能性の高い人の保険料を高く、優良ドライバーなど保険金を支払う可能性の低い人の保険料を安くすることで、不公平にならないようにしたいのでしょう。

高齢者でも優良ドライバーは大勢いるからと思うかもしれませんが、それは若い人でも同じ。60歳以上の高齢者は事故及び保険金支払額が多いという統計データに基づいているので、仕方ありません。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket