Pocket

自動車保険を契約している被保険自動車の名義を変更。車を売却や譲渡する場合に、自動車保険はどのような手続きを取れば良いのでしょうか?

保険契約の権利や義務は簡単に譲渡できない

自動車を人に売却した、譲渡すれば、自動車に紐付いて保険の権利や義務も一緒に譲渡されるのか。そうではありません。

もし、自動車保険の権利・義務を自動車と一緒に譲渡する場合は、損保会社に通知して承認をもらう必要があります。その際に、以下の様な書類が必要です。

  • 異動承認請求書
  • 自動車の売買にかかる契約書類
  • 契約権利譲渡通知書
  • 運転免許証・住民票

損保会社によって、このすべてが必要になるわけではありませんし、逆に他に必要な書類が必要なこともあります。契約している損保会社に確認するようにしましょう。

ノンフリート等級は原則継承できない

7等級以上のノンフリート等級の引き継ぎは原則不可能です。一方で、保険料が割増になるデメリットのある1~5等級の場合は、継承しなければいけません。ただし、家族間では引き継ぎ対象との関係によって、等級を引き継ぐことができます

  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者の同居の親族
  • 記名被保険者の配偶者の同居の親族

気をつけないといけないのは、同居の親族の場合だけ可能で、別居の親族の場合は不可能ということ。たとえ、親や子供であっても、同居していなければ等級を引き継ぐことはできません。

一人暮らししている大学生の子供が乗るのに、親が乗っている車の名義を変更した。保険の入替え手続きをしようと思っても、等級は引き継げません。運転者限定割引では別居の未婚の子は家族の範囲になりますが、等級の引き継ぎに関しては、範囲外となります。

法人名義の自動車を個人名義に変更する場合

法人名義の自動車を個人名義に変更する場合があります。法人と個人が同一人物の場合でも名義が変わるので、特殊なケースと言えますが、めったにないことでもありません。この場合、法人名義で契約した自動車保険の扱いはどうなるのでしょうか?

原則的には個人の名義変更と同様、等級の引き継ぎはできません。しかし、場合によってはノンフリート等級を継承することも可能です。個人事業主が法人化する場合や法人を解散して個人事業主になる場合などが、これに当てはまります。

法人が解散したことの事実、事業内容が同一であること、被保険自動車が同一であることなど、一定の条件はありますが、記名被保険者欄が同一の個人名であれば問題ないでしょう。

原則として、法人加入の自動車保険の等級継承はできません。しかし、上記のように引き継げるケースもありますから、念のために確認をしたほうが良いですね。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket