Pocket

自動車保険は、「一車両一保険」が前提です。家族など1つの保険で複数の被保険者がいることはよくありますが、車は1つの保険につき1台が大前提となっています。

しかし、「他車運転危険担保特約」は、この前提とは違う、ある意味特殊な特約となっています。

他車運転危険担保特約とは

他車運転危険担保特約とは、知人など他の車を運転している場合に自分が加入している自動車保険を使うことができる特約です。

対人賠償・対物賠償や人身傷害、搭乗者傷害、車両保険など、補償内容は多岐にわたります。また、記名被保険者だけでなく、その配偶者や記名被保険者もしくは配偶者の同居の親族、記名被保険者もしくは配偶者の別居の未婚の子まで補償対象に。

補償内容や補償対象を見ると、お得な感じのする特約です。しかし、自動車保険の前提である「一車両一保険」に当てはまらない特約なので、保険金が支払われる条件には色々と制限が設けられています。具体的には、以下のように限定されます。

  • 臨時での使用にかぎり、普段から使用している場合は対象外
  • 被保険者(補償対象者)が所有する自動車は対象外
  • 運転中の事故にかぎられる
  • 所有者の承諾を得ないで運転した場合は対象外
  • 記名被保険者が個人の場合
  • 他車は自家用8車種にかぎられる

例えば、親や兄弟の車をちょっと借りた場合の事故は対象となりませんし、停車中の事故についても対象となりません。臨時の使用として認められるかどうかは、ケースバイケースのようです。

一般的には自動付帯

他車運転危険担保特約は特約ですが、一般的には自動車保険に自動付帯されていることが多いです。

知人の車を運転していて事故を起こしてしまった場合に、知人の保険を使うのは難しいと思います。等級が下がってしまいますし、一時的な影響ではありませんから。逆に知人が任意保険に加入しておらず、十分な補償が得られない場合もあります。そういった場合に、有効な保険といえるでしょう。

他車運転危険担保特約は自動付帯されていることが多いので、詳細について確認していない人も多いはず。他人の車を借りて乗ることがまったくなければ構いませんが、稀にでもある人は一度約款を読み返して、内容を確認しておいたほうが良いです。損保各社によって内容に違いがありますから。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket