Pocket

自動車を廃車にする場合、廃車の手続きと自動車保険の解約手続きをおこなう必要があります。

廃車手続きは、陸運局でナンバープレートを返納、抹消登録をします。スクラップして、その車にはもう乗らないという場合におこなう手続きは、永久抹消登録です。

では、自動車保険の解約手続きはどのようにおこなえば良いのでしょうか。自賠責(自動車賠償責任保険)と任意保険の場合では、手続き方法や解約返戻金が異なります。

自賠責(自動車賠償責任保険)の解約

自賠責保険の解約は、加入している損保会社で手続きします。

残存期間が1ヶ月以上の場合、残存期間に応じて解約返戻金を受け取ることが可能。残存期間は月単位で計算されます。1日遅れても1ヶ月残存期間が減ってしまうので、注意して早めに手続をおこなったほうが良いですね。

返戻金がいくらになるかは、契約期間や自家用乗用車か軽自動車かなどで変わります。保険代理店や損保会社窓口に「自動車損害賠償責任保険解約保険料表」があります。また、問い合わせてみると教えてもらえるはず。

解約時に必要な書類

自賠責の解約手続きを行う際に必要な書類は以下のとおり。

  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責の保険証)
  • 登録事項証明書(永久抹消登録の場合)
  • 抹消登録証明書(一時抹消登録の場合)

書類以外では、「登録事項証明書(抹消登録証明書)に記載されている所有者の認め印」「振込先口座」が必要になります。

自賠責の解約日は解約手続きをおこなった日です。抹消登録をおこなった際に発行される証明書が手続きに必要となるので、事前に解約手続きをおこなうことはできません。

任意保険の解約

当たり前ですが、任意保険も加入している損保会社で手続きをおこないます。

任意保険の場合は自賠責保険と違い、事前に解約の手続きをおこなうことが可能です。自賠責のように抹消登録の証明書類は必要ないので、事前に連絡しておくことで廃車日を解約日にできます。

任意保険の解約手続きは、自賠責と比べて簡単です。損保会社の所定の書類に記入します。手続きをおこなうのに、電話で連絡剃る必要のある会社が多いですが、SBI損保のように会員ページ内で手続きできる損保会社もあります。

任意保険の場合も、保険契約の残存期間によって解約返戻金を受け取れます。任意保険の解約返戻金は、短期率という係数を用いて算出、金額は単純な月割金額よりも低いです。

中断手続きはおこなうようにする

任意保険の場合、気をつけたいのは解約の手続きよりも自動車保険の中断手続きだと思います。

任意の自動車保険にあるノンフリート等級制度。中断手続きをおこなって中断証明書を発行してもらうことで、通常5年間は等級を引き継ぐことが可能です。ちなみに、廃車による中断手続きの場合は、登録事項証明書など廃車を証明する書類が必要になります。

等級が7等級以上であっても、保険契約が失効すると、新規契約と同様に6等級に戻ってしまいます。等級によって保険料が変わりますから、再び自動車に乗るかどうかわからないという場合でも、中断手続きをおこなうようにしましょう。

ちなみに、1~5等級のデメリット等級の場合は、保険契約期間を13ヶ月空けなければデメリット等級を引き継いでしまいます。7等級以上の場合と取扱いが異なるので、注意が必要です。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket