Pocket

自動車保険の補償内容が重複する。これには2つのパターンがあります。

  • 契約している別々の保険の補償内容が重複する(所有している車が1台)
  • 複数所有している自動車で加入している同一の保険の補償内容が重複する

補償内容が重複している保険・特約を付帯したことで、保険料は高くなります。重複していても合算して保険料が支払われるわけではないので、完全にムダな保険料です。

補償内容が重複する可能性があることについては、各損保会社説明しているものの、ホームページを見てもわかりづらいところが多い……。ですから、一度見直してみることをおすすめします。

今回は、所有している車が1台だけのケースで考えていきます。複数台の場合はこちらに書いています。

重複していてもすべての保険金を受け取れない

複数の自動車保険に加入しておけば、万が一の場合に多くの保険金が支払われる。そう考えて、複数加入したいと思う人がいるようです。

しかし、そもそも一台の自動車に複数の任意保険を契約することはできません。損保各社がデータ照合をおこなっていますので、しようと思っても不可能です。生命保険や傷害保険は複数の保険に加入することができるのに、どうして自動車保険はできないのでしょうか。

それは、損害に応じて保険金が支払われるからです。重複を許してしまうと、実際の損害以上に保険金を受け取れてしまいます。同様の理由で、火災保険など保険法で損害保険に分類されている保険は、重複契約することができません。

一方で、生命保険や傷害保険は、保険金は定額で支払われます。損害に応じてではなく、定額で給付されるので重複で契約することが可能。

自動車保険で補償内容が重複する可能性があるのは

対人賠償保険や対物賠償保険のように、契約車両に紐付く保険では重複することはありません。それは、実際の損害に応じて、契約した支払限度額の範囲内で支払われるからです。

注意したいのは、人に紐付く保険。同じ内容の事故の場合に、それぞれ補償対象となる場合があります。しかし、その場合、一方の保険による保険料だけが支払われ、保険料を支払っているのに保険金を受け取れません。

例えば、自損事故保険と人身傷害保険。自損事故保険は、契約車両を運転中の自損事故で搭乗者が死傷した場合に補償される保険です。人身傷害保険は、契約車両運転中の事故に限らず、他人の車に搭乗していたり、もちろん、契約車両運転中の事故も含まれます。

ですから、契約車両を運転している際の自損事故の場合、ともに補償対象となります。その場合、人身傷害保険が優先され、自損事故保険は適用されません。

重複しても合算して補償される保険

ただ、自動車保険の場合でも、補償内容が重複している保険から合算して保険料が支払われるケースがあります。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険。ともに契約車両の搭乗者が死傷した場合に補償される保険です。この2つも重複しているので、片方しか保険金が支払われないかというと、それぞれから保険金を受け取ることができます。

搭乗者傷害保険が定額で支払われるから重複可能。搭乗者傷害保険は、損害に応じてではなく、部位や症状別に一定額が支払われるので、生命保険や傷害保険と同じ考え方となるようです。

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の組み合わせだから、重複可能ということではありません。ですから、同様に自損事故保険と搭乗者傷害保険も両方とも請求することが可能です。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket