Pocket

各損保会社のホームページや資料・パンフレット。様々な自動車保険の比較サイトを見ると、必ず目にする「ノンフリート等級」。

自動車保険に加入した経験のある人にとってみれば、常識とも言える用語ですが、はじめて自動車を購入し、保険契約をしようとしている人にとってみれば、何だそれ?という言葉です。

しかし、ノンフリート等級は保険料に大きく影響するので、きちんと押さえなければいけません。

ノンフリート等級は

保険料の割増引率を等級で表したものです。多くの損保会社が1~20等級に分けていますが、中にはさらに細分化している会社もあります。

新規に加入した場合は、通常6等級からはじまり、1年間無事故だったら1等級アップ、事故を起こすと等級がダウンします。等級ダウンについては、1年間に事故を起こしたらではなく、1回の事故ごとです。

無事故の人ほど等級が上がり、事故を起こした人ほど等級が下がるので、事故を起こすリスクを考えて保険料が異なるということになります。つまり、自動車保険の保険料を下げるためには、事故を起こさないようにすることが大切ですね。

ノンフリートとフリートの違い

一般的に、個人向けの契約はノンフリート契約、企業向けの契約はフリート契約となります。

ですから、基本的に個人で契約する場合はフリート契約について気にする必要はありません。ただ、一応どういった違いがあるのかを説明します。

ノンフリートは補償額に関係なく、事故を1回、2回と回数でカウントします。それに対して、フリートの場合は、補償額でカウントします。つまり、補償額が1億円の事故を1回、100万円の事故を9回起こした場合。ノンフリートの場合は、10回の事故。フリートの場合は、1億900万円の事故となります。

事故を起こすと必ず等級がダウンするわけではない

ノンフリート等級でわかりづらいのは、事故を起こすと一律で等級ダウンではないことです。

原則としては、事故を起こせば3等級下がります。しかし、事故の内容によっては、1等級ダウンであったり、等級が変わらなかったりする場合もあります。無免許運転や飲酒運転による事故の場合でも等級は3等級ダウンですが、この場合は継続契約の際に謝絶されることが多いようですね。

また、ノンフリート等級の制度そのものは損保各社共通ですが、保険料の割引率・割増率といった内容は異なります。さらに、他社へ乗り換える場合でも等級を引き継げるケースがありますし、配偶者など契約者が変わっても引き継げるケースもあります。

このように、ノンフリート等級は、わかりづらい部分が少なくありません。しかし、保険料に大きな影響を与えるので、事前にしっかりと理解しておくことが必要です。また、自動車保険に加入する際に損保各社のノンフリート等級による保険料の割引率・割増率については、比較検討するようにしましょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket