Pocket

地方にいる人は、自動車を複数台所有しているケースが少なくないんじゃないかと。都心部と違い、地方では車がないと生活しづらいので、珍しくはないと思います。

複数台の自動車を所有していると、台数分の自動車保険に加入している人が多いはず。複数台の自動車保険に加入する場合に注意すること。それは、補償内容の重複、もしくは漏れのないように気をつけることでしょう。

補償内容が重複しないようにする

複数台所有していると、複数の自動車保険に加入しているということに。1番気をつけたいのは、保険の補償内容が重複しないことです。

生命保険や入院保険とは違い、自動車保険では、一部の保険を除いて補償内容が重複していても、保険金は合算して支払われません。

具体的には、人身傷害保険の重複に注意しましょう。

人身傷害保険は、契約車両の搭乗者が事故によって死傷した場合に補償される保険。それ以外に、記名被保険者やその家族(配偶者など)が歩行中の事故や他人の車に搭乗している時の事故で死傷した場合も保険金が支払われます。

前者の契約車両に搭乗中の事故で死傷した場合は、それぞれの車で契約していても重複はしません。でも、後者の場合は、どちらの保険でも補償される=重複することになります。結果、一方の保険からしか補償を受けることができません。

見直す際に漏れのないように気をつける

補償内容の重複している保険がないかを見直す際に、逆に補償が漏れることのないように気をつける必要があります。

人身傷害保険は重複するから、一方では加入しなかった。そうすると、事故のシチュエーションによっては保険金が支払われない可能性が……。

例えば、加入していない自動車で事故にあった場合。搭乗者が死傷しても、人身傷害保険は適用外です。なぜなら、他人の車ではないからです。人身傷害保険で言う他人の車とは、所有者が記名被保険者や配偶者、同居の親族の場合は含まれません。

だからといって、すべてに人身傷害保険を付帯すると、補償内容が重複する部分が出てきますので、そのぶんの保険料を支払うのはもったいないです。では、どうすれば良いのでしょうか?

この場合は、すべてに人身傷害保険も契約しつつ、一方は搭乗中のみ補償する特約を付帯することで解決します。搭乗中の事故はすべてカバーしつつ、歩行中の事故などについては重複しません。そうすることで、ムダな保険料の支払いを防ぐことができます。

このように、補償内容が重複しているために支払われないことだけを考えて、保険・特約を外すと、万が一の場合にどの保険でも補償されないおそれがあります。漏れのないようにするためにも、色々と起こりえる事故をシミュレーションしてみても良いかもしれません。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket