Pocket

車両保険は必ず加入しておいたほうが良い保険ではありません。

新車や高級車で修理費用が高くなりそうな場合は加入したほうが良いと思います。一方で、年式の古い車や新車であっても軽自動車のように、修理費用があまり高くならなさそうな場合は、加入しないほうが自動車保険の保険料が安くなりますから良いと思います。車両保険は加入するかしないかをきちんと検討したほうが良いです。

検討した結果、車両保険に加入した場合。保険を使う回数に制限はあるのでしょうか。

何度事故を起こしても車両保険を使える

基本的に、車両保険に利用回数の限度はありません。ですから、何度事故を起こしても保険を使うことは可能です。

ただし、車両保険を使うとノンフリート等級が下がります。火災や爆発、台風、洪水、盗難などの場合は1等級ダウン、それ以外の場合は3等級ダウン事故としてカウントされます。つまり、使うたびに1or3等級下がることになるのです。

車両保険自体は何度でも使えます。ですが、使うことでノンフリート等級が下がり、翌年の保険料が上がってしまいます。また、最悪のケースでは、次回更新時に、契約継続を断られることも……。等級が低いため、他社で契約しようとしても難しいです。

車両保険は回数制限はないものの、加入していればリスクなく使える保険ではありません。

高額な修理費用になる場合だけ使う

車両保険を使うと、ほぼ3等級ダウンとなります。ですから、そもそも加入するかどうかをしっかりと検討しなければいけません。

加入したとしても、すべての修理で保険を利用しなければ良いのです。高額な修理費用になる場合は保険を使い、それ以外の軽微な修理の場合は自己負担する。利用して等級が下がった場合に増える保険料と修理費用のバランスを考えて、保険を使うか、自己負担するかを判断すれば良いでしょう。

事故を起こして修理に出すと修理費用は高額になる可能性も。そんな自動車に乗っている人は、車両保険に加入しておいたほうが良いでしょう。高額な修理費用になった場合だけ、車両保険を使うという考え方で、万が一に備えることで安心できますから。

「使わなければ、保険料が無駄になる」ではなく、安心できるために万が一に備えて保険に入る。車両保険に関しては、特にそう考えるほうが良いんじゃないでしょうか。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket