Pocket

自動車保険における家族の定義は難しいです。保険や特約によって補償範囲が変わりますし。

子供でも既婚か未婚で扱いが違いますし、同居か別居かでも変わってきます。それでは、内縁の妻(夫)は、どういう扱いになるのでしょうか。

そもそも内縁とは

Wikipediaによれば、内縁とは「社会一般においては夫婦としての実質をもちながらも、婚姻の届出を欠いているために法律上の夫婦と認められない関係」を言います。事実婚と言ったりもします。

法的には、婚姻に準ずる関係とされる内縁関係。当事者の合意により事実上の夫婦としての生活関係が存在すれば成立します。ただ、婚姻の意思が必要とされていて、民法上では以下のような一定の条件下で内縁関係が成立するようです。

  • 婚姻障害が存在する
  • 単純に婚姻届の提出が遅れている
  • 意図的に婚姻届を提出していない(=事実婚)

意図的に婚姻届を出していない人に、婚姻と類似する法的効果があるのはおかしいんじゃないかなど、議論があります。実際、法的な効果を与えるには定義があいまいな印象を受けます。

内縁の妻(夫)は配偶者扱いに

自動車保険では、法的に婚姻関係にない内縁関係であっても、補償対象としては配偶者と同じです。

親族や子供でも保険や特約によってはほ補償対象外ですが、配偶者はほぼ補償対象になります。自動車保険では、戸籍上の婚姻関係になくても、親族や子供以上の位置付けになるということです。例えば、実の両親と内縁の妻と同居しているとします。自動車保険に配偶者限定特約を付帯すると、実の両親は補償対象外ですが内縁の妻は補償対象になります。

ただし、そのためには内縁関係を証明する必要があります。内縁の立証は、要するに「事実的な夫婦としての生活関係」「婚姻の意思」を証明することになります。

定義そのものがあいまいなため、内縁関係を立証するために必要な書類はケースバイケースです。自動車保険では、同住所の住民票や同住所宛の郵送物など同居していることを証明すれば良い場合が多いようです。

完全にイコールではない

自動車保険における家族の定義では、内縁の妻(夫)は配偶者と同じ扱いになります。しかし、完全にイコールではありません。内縁関係にある人が保険金を受け取れない場合があります。それは、記名被保険者である内縁の妻(夫)が交通事故で死亡した場合です。

もちろん、保険金請求はできます。事故の相手からの賠償金も支払われるでしょう。しかし、内縁の妻(夫)が受け取れるとはかぎりません。なぜなら、内縁関係には配偶者相続権がないからです。

生命保険とは違い、自動車保険では保険金の受取人を指定しません。被保険者が死亡した場合の保険金には、相続税や一時所得による所得税など、場合によって違いがありますが税金がかかります。基本は法定相続人が受け取るという考え方です。

では、内縁関係にある人が受け取れる可能性がないのでしょうか。そうではありません。例えば、死亡したことによる逸失利益など損害賠償を請求することができます。内縁関係でも扶助義務があるので、扶養されている場合は扶養請求権の侵害ということで、同様に損害賠償を請求することは可能です。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket