Pocket

自動車保険と一言で言っても内容は様々。自分で細かく選べるぶん、知識を持ちあわせて選ばないといけません。

不要な保険や特約を付帯したために保険料が割高になってしまう……。逆に、保険料を下げるために色々と付帯しなかったために十分な補償が受けられない……。どちらも避けたいところ。

今回は、自動車保険の基本となる保険をご紹介。ここで紹介する保険については加入しておいたほうが良いでしょう。

他人への賠償に備える保険

自動車保険は、被害者保護の観点から成り立っているので、他人への賠償に備える保険は自動車保険の基本です。強制保険である自賠責は、その観点から法律で定められています。ただ、自賠責は十分な補償が受けられない上に、対人のみで対物は補償されません。

対人賠償保険

契約車両による事故で他人を死傷させ、損害賠償責任を負う場合。自賠責の保険金を超える部分に対して保険金が支払われます。もっとも基本的な保険ですが、ケースによって補償されない場合があるので、きちんと理解しておく必要があります。

対物賠償保険

契約車両による事故で相手の車や建造物に損害を与え、損害賠償責任を負う場合に保険金が支払われます。対人賠償保険同様、もっとも基本的な保険ですが、ケースによって補償されない場合があるので、きちんと理解しておく必要があります。

運転者自身や搭乗者に対する保険

過失割合に応じて相手の自動車保険から保険金を受け取ることはできます。しかし、自分に非がある場合は十分な補償を受けられません。そのため、自分自身や搭乗者を守るための保険にも加入しておく必要があります。

自損事故保険

事故といっても必ず相手方がいるわけではありません。わき見運転していて電柱に突っ込んだり、判断が甘くて壁にこすったり。そういう自損事故で運転者や同乗者が死傷した場合に保険金を受け取れます。

無保険車傷害保険

文字どおり自動車保険に加入していない自動車との事故などで、相手方からの賠償を十分に受けられない場合に保険金を受け取れます。運転者や同乗者が死傷し、本来なら損害賠償金を受け取れるはずが、相手が無保険で支払い能力がない場合に支払われるので、結構重要です。無い袖は振れないと言われれば、どうしようもないですからね。

搭乗者傷害保険

運転者自身や同乗者が事故で死傷した場合に、保険金を受け取れる保険です。

節約のために取捨選択する必要はありますが……

節約のために保険を見直すことはよくあります。自動車保険にかぎらず、生命保険やがん保険なども。ただ、節約ありきだと、十分な補償を受けられないかもしれません。

十分な現金貯蓄がない人は、賠償保険はもちろんのこと、搭乗者傷害保険や人身傷害保険を付帯しておいたほうが良いでしょう。万が一自動車事故で自分がケガをした場合に、費用を捻出する必要があるからです。ここで挙げた保険以外にも、新車を購入した場合は車両保険に加入するほうが良かったり、必要な保険・特約は人それぞれです。

少なくとも当記事で挙げた5つの保険に関しては、車を運転する際に加入しておいたほうが良いと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket