Pocket

自動車保険に他車運転危険担保特約が付帯されていますか?

おそらく、多くの人はわからないと答えるんじゃないでしょうか。しかし、任意保険に加入しているほとんどの人は付帯している特約です。SAPのようなパッケージ型の自動車保険にも含まれていますし、最近では対人・対物賠償保険に自動付帯されています。

実は付帯しているけど内容はあまり理解していない人が多い、他車運転危険担保特約についてご紹介します。

他車運転危険担保特約とは

他車運転危険担保特約とは、被保険者が他の自動車を運転していて事故を起こした場合に保険金を支払う保険です。もちろん、事故の内容や自動車の種類によって補償対象になるならないがあります。

知人の車を運転していて事故を起こした場合に、自分が加入している自動車保険で保険金を受け取れます。知人が加入している自動車保険で支払う場合、知人のノンフリート等級が下がり、保険料が上がりますし、中々簡単に使ってもらうことはできません。相手方への賠償責任を果たすために、大事な特約と言えます。

注意したいのは、記名被保険者が個人の場合のみで法人の場合は適用されないこと。個人に紐付いた特約であることは理解しておきましょう。

他車運転危険担保特約の適用範囲

他車運転危険担保特約の適用範囲は限られています。とはいえ、そんなに限定的なものではありません。

保険が適用される対象

保険が適用される対象者は以下のとおり。適用されるのが、記名被保険者が個人の場合のみなので、他の保険と同様、記名被保険者と配偶者、未婚の子どもや同居している親あたりが対象となります。

  • 記名被保険者およびその配偶者
  • 記名被保険者およびその配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者およびその配偶者の別居の未婚の子

また、補償される車の車種は、自家用普通乗用車や自家用小型乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)など、自家用車両のみ。「のみ」とはいえ、個人用に使用するために購入する車は、基本的に対象となります。

保険が適用されないケース

上記に含まれる場合でも、補償対象とならないケースがあります。よく起こりえるシチュエーションで、保険金が支払われないケースを3つ紹介します。

1つ目は、車の所有者の承諾を得ないで車を運転した場合。無許可で勝手に車を運転し、事故を起こした場合は保険金が支払われません。

2つ目は補償対象者が所有する自動車を運転する場合。補償対象者の車を運転しても、それは「他車」という扱いにならないということです。

そして、3つ目は常時使用している車を運転する場合。「他車」であっても、常時使用している自動車については、保険が適用されません。

1つ目、2つ目あたりは、なんとなくイメージができますが、3つ目については特約の名前からはイメージできません。しかし、起こりえるケースなので、きちんと覚えておきましょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket