Pocket

ソルベンシー・マージン比率とは、保険会社の健全性を示す指標です。保険業法で定められているので、損保会社にかぎらず、生保会社など保険会社全体に関係のある数値です。具体的には、通常の予測を超えたリスクに対応する余力を示します。

大規模な災害などで、多くの保険金支払い事案が生じた場合に、保険会社が対応できるのかどうかということです。ですから、比率の計算式には、通常の予測を超えるリスクと保険会社の資本力が含まれます。

ソルベンシー・マージン比率は、FX会社の自己資本規制比率や銀行などの自己資本率のようなもの。万が一に備えて、会社が健全な状態を維持できているのかを測る物差しです。

200%を超えていれば安全とみなすものの……

ただ、数値を算出すれば良いわけではありません。法律上で、一定の数値を上回っている必要があります。ソルベンシー・マージン比率の場合は、それが200%です。

200%を下回った場合は、監督官庁である金融庁から業務改善命令など行政処分をくだされます。逆に言うと、法律上では200%を上回っていれば安全な状態とみなします。

200%を超えていれば安心できるかというと、そうとも言い切れません。この数値を上回っているにもかかわらず、破たんした保険会社もありますから。ですから、1つの目安として見ておく程度で良いのかなと思います。

保険料が少額であったり、事故といっても軽微であれば、かかる修理費用など少額だったりするので、自動車保険にかぎっては重要視する人は少ないかもしれません。しかし、自動車でも損害賠償額が高額になるケースがもちろんありますから、加入する前に損保会社のソルベンシー・マージン比率を見るようにしたほうが良いでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket