Pocket

任意保険の自動車保険に加入する必要はあるのでしょうか?

そもそもなお話になってしまうのですが、「加入する必要はないんじゃないの」と考える人も少なくないようです。しかし、任意保険ではあるものの、強制保険の自賠責保険(自動車賠償責任保険)だけでなく、自動車保険にも加入したほうが良いでしょう。

ちなみに、自賠責保険への加入は義務付けられています。加入していないと車検が通らないので、普通はありませんが、自賠責がきれていた場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに一発で免停処分。ということは、車検切れには注意しなければいけませんね。

自賠責保険の補償でカバーしきれるのか

自賠責保険で補償されるのは人間だけです。建物や自動車への損害に対しては保険金が支払われません。その時点で、十分にカバーできるということは言えません。

人への補償は、ケガ(傷害)の場合で最大120万円、死亡した場合は3,000万円が補償されます。後遺障害時で最大で4,000万円の補償です。

この保険金支払額が多いか少ないか。いまいちピンとこないかもしれません。しかし、決して十分な補償額ではありません。

相手が死亡してしまった場合や重度の傷害が残ってしまった場合、治療費や慰謝料、逸失利益など様々な費用が発生します。裁判所の判例でも億単位となる判例は珍しくはないのです。

損害賠償額の高額化が進んでいる

特に、最近の傾向として損害賠償の金額が高額化しています。

下記、日本損害保険協会のページに対人事故、対物事故で高額賠償となった判例が出ていますが、自賠責の補償では10%程度しかカバーできていません。

日本損害保険協会 – SONPO | お役立ち情報 - 損害保険の解説 - 自動車保険
http://www.sonpo.or.jp/useful/insurance/car/point.html

対人事故だけでなく、対物事故も億単位の高額賠償が掲載されています。自賠責は対物事故では保険金が1円も支払われませんので、万が一のことを考えると……。自賠責だけでは、心もとないですね。

被害者のためにも任意保険に加入する

自動車保険は、そもそも自分のためという目的ではありません。自分とか相手ではなく、事故の被害者を救済するためのものです。

自分が自動車事故の加害者になってしまった場合に、被害者となった相手への補償を十分におこなうために自動車保険があります。損害賠償金を支払うことができるということは自分のためにもなってはいますが、結局は相手が十分な補償を受けられることになるので、相手のためなんですよね。

そう考えると、任意保険の自動車保険にも加入する必要があると言えるのではないでしょうか。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket