Pocket

国内損保初 自動車保険のペット補償特約を発売

共栄火災は、個人向け自動車保険「KAPくるまる(総合自動車保険)」の特約として、自動車搭乗中のペット(犬、猫に限る)のケガや、被保険者入院時のペット預託費用を補償する特約「くるまるペットくん」を開発し、2013年4月1日始期契約より販売を開始する。ペット市場が拡大する中、ペットを車に同乗させるドライバーが増えていることに対し、新たな需要を取り込む狙い。なお、ペットの死傷を補償する自動車保険の特約は国内損保では実質初めての提供となる。

概要

被保険者と同乗中のペットが事故により被保険者と一緒に死傷し、被保険者が人身傷害保険の支払い対象となる場合、ペットの治療費用(実費5万円限度)と葬祭費用(実費10万円限度)を支払う。葬祭費用保険金が支払われる場合は、墓石・墓地代などのための臨時費用保険金3万円も支払われる。年間保険料は800円。

また、被保険者である飼い主が、人身傷害保険金の支払対象となる事故でケガを負い入院した場合、ペットシッターなどの業者にペットの世話を委託するための費用(実費10万円限度)も保証される(入院時ペット諸費用補償特約)。

 

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket