Pocket

4月1日から自動車の自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が上がります。

2年契約で、普通自動車は27,840円(11.6%増)と約3,000円アップに、軽自動車は26,370円(20.0%増)と約4,400円アップ。平均で13.5%と大幅な値上げとなります。しかも、自賠責は2011年にも平均で12%(普通自動車で約2,500円)の保険料値上げが実施されているので、わずか2年の間に6,000円近くも増額されました。

金融庁の話では、「保険金の支払いが増えて収支が悪化した」ことが今回の値上げの理由。件数が増えたのか、一件あたりの支払う保険金が高額化しているのかはわかりませんが、今年度は1440億円の赤字となるそうです。

とはいえ、自賠責保険の大幅値上げは厳しいですね。

自賠責保険は、自動車に乗る人は加入が義務付けられている強制保険です。強制的に加入しなければいけないものの、死亡事故で最高3,000万円、負傷した場合は最高120万円の保険金は決して十分な補償とは言えません。自賠責にプラスして任意保険に加入するとなると、結構支出としては痛い……。そうはいっても、万が一に備えて十分な補償を受けられるようにしておく必要がありますから、難しいところだと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket