Pocket

ここ数年で、通勤に自転車を使っている人が増えています。自転車人口の増加にともなって、自転車絡みの事故も増えているようです。

万が一自転車で事故にあった場合のことを考えると、保険に加入しておきたいところ。自転車にも保険がありますが、自転車保険に加入したほうが良いのでしょうか。

加入しておいたほうが安心ですが、加入する前に確認したほうが良いことがあります。加入している自動車保険で対応できるかどうか。対応できる場合、どういった事故が補償対象となるのか。事故当事者のそれぞれの立場から考えてみます。

一般的な自動車保険は、自転車事故に対応している?

任意で付帯する特約や保険ではなく、一般的な自動車保険で自転車事故に対応することは可能なのでしょうか。

そもそも、自動車事故の場合、加害者、被害者それぞれの立場でどういった保険が使えるのかを見てみます。

  • 加害者になった場合
    対人賠償、対物賠償
  • 被害者、もしくは自分でけがをした場合
    無保険車傷害、自損事故、搭乗者傷害、人身傷害補償
  • 自分の車が損害を受けた場合(加害者・被害者に関わらず)
    車両保険

ザックリとですが、以上のように分類できます。もちろん、事故の状況によって適用されないケースもあります。

自転車事故に当てはめると

自転車事故で加害者になった場合、対人賠償、対物賠償ともに保険金を受け取ることはできません。この2つの保険は、契約車両での事故に限って補償されるからです。

一方で、自転車事故の被害者、もしくは自分でけがをした場合。この場合は、人身傷害補償を使えるかもしれません。それ以外の無保険車傷害や自損事故、搭乗者傷害保険は使えません。

加害者、被害者にかかわらず、自分の自転車が損害を受けた場合は、車両保険の補償対象が契約車両だけなので、車両保険を使うことはできません。

自転車事故で人身傷害補償保険が使えるケース

基本的にほとんどの損保会社で、人身傷害補償保険は自動車保険に自動付帯されています。自分自身で選ぶのではなく、デフォルトで付いている保険です。

しかし、人身傷害補償保険の補償範囲や保険金は、損保会社によってバラつきがあります。ですから、事前に以下の点を確認する必要があります。

「契約車両に乗車中のみ補償」「契約車両以外の交通乗用具、歩行中も補償」かです。通常は契約車両以外の交通乗用具、歩行中も補償範囲で、オプションで契約車両に乗車中のみ補償にすることで保険料も安くなるという人身傷害補償保険が多いかなと思います。

自転車に乗車中に事故にあった場合に補償を受けることができるのは、「契約車両以外の交通乗用具、歩行中も補償」の場合です。ただ、この場合でも損保会社によって制限を設けていることがあります。例えば、歩行中だけとか、自転車に乗っている時でも補償されるのは自動車との事故のみとか。この場合は、対人、対自転車の自転車事故で人身傷害補償保険を使うことはできません

自転車の保険を自動車保険でまかなおうと考えている、もしくは考えて加入したという人は、一度加入している自動車保険の内容を確認したほうが良いと思います。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket