Pocket

自動車保険におけるもっとも基本的な賠償保険である、対物賠償保険と対人賠償保険。文字どおり、自動車事故の加害者となり、法律上の損害賠償責任を負った場合に、補償を受けることのできる保険です。

対物賠償保険、対人賠償保険の保険金額は、損保各社で1,000万円、2,000万円、無制限など複数の中から選べますが、どれが良いのでしょうか?

高額賠償のケースが増加

賠償保険は、賠償責任を負った場合の賠償金に対して補償を受けられます。カバーできるのであれば、1,000万円でも2,000万円でもかまいません。もっと言うと、自賠責保険だけでもカバーできるのであれば、問題ないです。

しかし、実際にはカバーできません。思っている以上に高額賠償になるケースが多いです。

例えば、対物事故の場合では、自動車同士の事故をイメージすると1,000万円単位になることは考えづらいです。しかし、事故の相手が車とはかぎりません。店舗に突っ込んだり、積荷をダメにしたり、信号機に突っ込んだり……。1億円を超えるケースも十分ありえます。

対人事故の場合も同様に高額賠償になることは十分考えられます。被害者が死亡もしくは後遺障害となった場合。被害者が若かったり、収入が多かったりすると、億単位の認定損害額が過去の判例でいくつもあります。

保険料が上がっても無制限を選ぶ

高額賠償となる可能性は、決して小さいわけではありません。ですから、補償額は無制限にしておくべきです。

対物賠償の場合でも、対人賠償の場合でも、保険金額を無制限にしたほうが保険料は上がります。支払保険金上限が上がるので当然です。ただ、保険料が上がるといっても、年間保険料の違いでもせいぜい数千円程度。そのぐらいの差しかないので、必ず無制限を選ぶようにしましょう。

保険はそもそも万が一に備えるものです。高額賠償が増えている中で、上限を設定してしまい賠償金が支払えない……。これでは、万が一に備えているとは言えません。

もちろん、加害者にならないように安全運転を心がけることが一番。しかし、万が一加害者となり、賠償責任を負うことを考えると、対物・対人賠償に関しては、保険金上限を設けずに無制限にしたほうが良いでしょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket