Pocket

自動車保険の契約更新をしようと思ったら、加入中の損保会社に断れてしまった……。車の運転は続けるわけですから、このような事態は避けたいところ。しかし、いくつかの理由で契約更新を断られる場合があります。

今回は、損保会社から自動車保険の継続契約(契約更新)を断られるケースをご紹介。

過去に保険適用事故が多い

過去に保険適用事故が多いケースが、継続契約が断られる最も多い理由になります。

過去に保険適用事故が多いということは、契約中に事故を起こす可能性が高いということ。つまり、損保会社側からすると、補償をおこなわなければいけない可能性が高いので、契約を断るのです。

これは当然といえば当然です。自動車事故にかぎらず、どんな保険であっても補償(保証)する可能性が高い契約者は敬遠されます。生命保険や入院保険でも、持病を持っている人なんかは加入できない場合がありますからね。

ダイレクト自動車保険では、ノンフリート等級が1等級だったり、1年間に複数の保険適用事故を起こしていた場合に、断られることが多いようです。

違法行為などその他のケース

事故が多いという理由以外で契約更新を断られる理由として、以下の様なケースがあります。

  • 過去に飲酒運転やひき逃げ、当て逃げなど違法行為があった場合
  • 法人での契約
  • 契約車両がスポーツカーの場合

飲酒運転や無免許運転、ひき逃げ、当て逃げといった違法行為があった場合は、当然といえば当然ですね。また、ダイレクト自動車保険は、基本的に個人向けの自動車保険なので、法人契約では断られる場合も。そもそも新規に法人契約できる損保会社が少ないので、契約更新で断られるのはレアケースですね。

契約車両がスポーツカーの場合。契約途中に車両入替をした場合に契約更新できないことがあります。理由は、過去に保険適用事故が多い場合と同じで、事故のリスクが高いからです。スポーツカーは車両クラスが高いです。つまり、データ上、事故リスクが高い。ですから、損保会社は敬遠します。

基本的に、ダイレクト自動車保険で契約更新を断られるケースは、保険料が割高になる要因と重複していますね。運転中に事故を起こしても保険料が高くなるだけでなく、継続契約ができないことがありえるので、くれぐれも安全運転を心がけるようにしてください。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket