Pocket

交通事故の被害者になり、ケガをしてしまったため、治療の必要がある。治療するために通院しなければいかなくなった。交通事故に遭遇した場合、そう珍しいことではありません。

普段、風邪をひいたり、ケガをして治療を受ける際に健康保険を使います。交通事故の治療でも健康保険は使えるのでしょうか?

事故の相手方の保険会社から「健康保険は使えないから使わないでください」と言われたといった話をインターネット上で時々目にします。本当のところはどうなんでしょうか?

健康保険を使えるケース、使えないケースがある

実際に健康保険が使えないケースがあります。それは、勤務中の事故です。

通勤途中に事故にあったとか、自動車で営業まわりをしている最中に衝突されたとか。勤務時に遭遇した場合の事故では健康保険ではなく、労災保険を使うことになります。

仕事中につまづいて転んだなど、相手のいないことでケガをした場合は、労災を使わずに健康保険を使う人も多いでしょう。そういう意味で、健康保険を絶対に使えないということではありません。

しかし、交通事故の場合、事故の相手方や双方の損保会社など、様々な人が介在します。損保会社は保険金を支払うために事故状況を調べますし、正確な状況から判断するので、使わないでくださいと言うのでしょう。

「健康保険が使えない=保険が使えない」ではない

勘違いしてはいけないのは、「健康保険が使えない=保険が使えない」ではありません。

仕事外での交通事故で治療が必要な場合は、健康保険を使います。仕事中の交通事故で治療が必要な場合は、労災保険の適用となります。

健康保険を使って治療を受けられたはずなのに、保険を使わずに実費で医療費を支払う。保険を使えたはずなのだから、保険を使った際の自己負担分しか補償されない……。自動車保険で補償に関するトラブルは少なからずありますから、あり得ない話ではありません。

基本的に交通事故の治療には保険を使えると考えるようにしましょう。

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket