Pocket

キー閉じ込み、ガス欠、パンク、走行中のエンジン停止。こういった車のトラブルが起きた時に連絡するのがJAF、自動車保険のロードサービスです。
どちらも似たようなサービスを提供していますが、それぞれの特徴を確認してみましょう。

JAF

年会費4000円(初年度は入会金として2000円)を支払いJAF会員になれば、24時間365日、いつでもサービスを受けることができます。
また、「個人が加入」するため、加入者がどの車に乗っていてもサービスを受けられます。
よって友人の車、会社の車、レンタカーでも対象となります。また、加入者が同乗しているだけでも使えるため、いろいろな車に乗る機会のある人ならJAFに入る意味があります。

自動車保険

被保険車両、つまり「車が加入」し、誰が乗っていてもサービスを受けられるため、
家族や友人が乗っている場合でもサービスが受けられます。
また、ちょっとした応急処置(キー閉じ込み、ガス欠、バッテリーあがり、パンクやタイヤ交換)、あるいはレッカーサービス(事故等による破損で自力走行できなくなったとき、最寄りの整備工場等までけん引)については、どの保険会社でも24時間365日、無料サービスの範囲としているようです。※保険会社によって内容は異なります。

大きく違うのは、JAFのロードサービスは「会員個人」を対象とするのに対し、保険会社のロードサービスは「被保険車」を対象にしているところです。
また、保険会社により、JAF契約のある保険契約者が利用したJAFサービスに、発生した自己負担を無料にするといった手厚いサービスを実施しているところもあります。自分が受けたいサービス水準をはっきりさせると選びやすいでしょう。

 

 

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket