Pocket

海外旅行や海外転勤など、国外で車を運転するとことはあると思います。

しかし旅行先でもし事故を起こしてしまったら・・・。せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいます。その時慌てないためにも、今確認しておきましょう。

海外で自動車保険は機能するのか

原則的に、日本国内で加入した自動車保険は、海外で機能しないことになっています。

日本国内で営業する保険会社は、日本の道路交通法、事故対応、車検等の条件によってサービスを設計・提供しています。当然ですが、海外でこれらの条件は日本と全く異なります。よって日本国内で加入した保険は効力を持たないことがわかると思います。

どうすれば良いのか

海外での自動車保険を考えるときに良い方法は2つあります。

【1】レンタカーを借りる際に保険に加入する

【2】海外旅行保険に、自動車運転の特約を付ける

【3】現地の保険に加入する

以下で、詳しく見ていきましょう。

レンタカーを借りる際に保険に加入する

ほとんどの海外旅行保険には自動車賠償責任保険(自賠責保険)がついています。しかしこちらは、自動車の使用、管理の賠償責任は保険金支払いの対象外となっています。

そこでもっとも簡単なのが、レンタカーを借りる際に対人賠償、対物賠償を保証する保険に加入する事です。『自動車運転者賠償責任担保特約』に加入しておけば、賠償責任を負った時でも、保険金が支払われます。

海外旅行保険に、自動車運転の特約を付ける

もう一つとても簡単な方法があります。それが旅行保険の特約を付けることです。多くの海外旅行保険には、車を運転する場合の賠償内容を盛り込んだサービスをオプションで付けることができます。この手続きは、渡航前に日本で加入するときに一緒に手続きをすれば良いので、とても楽にできます。ここで忘れてはならないのが、運転特約はあくまでも対人・対物賠償のためであるということです。もし、事故にあってケガをしてしまった場合、その治療費は運転の特約を付けていなくても、海外旅行保険の適用範囲内です。さらに、日本で加入している医療保険も一部使用できることもあります。

現地の保険に加入する

もう一つの方法として、現地の保険に加入するというのも手です。旅行ではほとんどの場合でレンタカーを借りると思いますので、その時は上で述べた方法で十分と言えるでしょう。しかし、海外への転勤などで長期滞在することになった場合はどうでしょう。車を所有している場合は、その車を輸送して海外にもっていくと思います。そうなると現地での手続きとなりますが、その場合、現地での運転履歴や保険加入の実績が無いと加入が難しいことがあります。また、加入できたとしても賠償額が低額になってしまうということも良くあるケースです。

海外赴任者向けの仲介業者を利用すれば、日本にいながら、現地の保険に加入できます。この場合は、その仲介保険会社が日本国内での運転歴などを加味して保険料を算出してくれます。国や地域、保険会社は限られてきますが、長期滞在の際は一度検討してみても良いかもしれません。また、こういった代理店に頼む際のメリットデメリットもチェックしておきましょう。

 

無料!自動車保険最大20社一括見積もり

Pocket